体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【女子ぼっち飯】第15回 かわいいフェイスマークをパシャリ♪ 写真に残したくなるランチ 渋谷『Pie face』

女子ぼっち飯 pie face パイフェイス

忙しいバイトや学校生活勉にパワーをくれる、一日のお楽しみと言えばランチ。
誰かとワイワイ食べるのも良いけど、せっかくの休憩時間。自分の食べたい物を自由気ままにゆっくりと楽しみたいときは誰でもあるはず。
でも一人じゃ寂しい? 否、街は女子が“ぼっち”で入りやすいお店であふれているのだ!
さぁ、今日も美味しい食事で心もお腹も満たされよう。

顔のデザインが目印のあのお店

渋谷駅のハチ公口から徒歩約5分。マルイシティ渋谷をリニューアルし、昨年11月にオープンしたファッションビル・渋谷モディ(MODI)の1階に今回のお店があります。渋谷モディはビルの正面が緑に覆われていて、インパクト大! 

その正面入口をくぐるとすぐにオーストラリア発祥のパイ専門店『Pie face(パイフェイス)』があります。パイというと日本ではアップルパイなどデザートのイメージが強いですが、『Pie face』はミートパイをはじめとする甘くないセイボリー(総菜)パイがメインなので、ランチにぴったり。

外観

お店の名前通り、パイの表面にフェイスマークがデザインされた、愛らしい見た目がポイント。カワイイ見た目に、お店の前で思わず足を止める人も多いです。

パイ4

店内にズラリと並んだ出来立てのパイにテンションがあがります!

グッズ

キュートなロゴマークのオリジナルグッズも販売。

内観1

★ぼっちPOINT★
1人でも座りやすいハイスツールの席は電源付きなので、スマホやケータイの充電、ランチをとりながらPC作業もすることが可能。店内には渋谷モディのFreeWi-Fiが飛んでいます。

 

実はフェイスマークの表情には意味があった!

ショーケースを見ると、甘くない「セイボリーパイ(Savory Pie)」は、具材の種類によって描かれている顔の表情、口元が違っていることに気づくはず。

パイ1 パイ2
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。