ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】キンキ、20周年イヤーを飾るALが10万枚超で独走中!続く順位は混戦模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年9月19日~9月22日までの集計が明らかとなり、KinKi Kidsの15枚目のアルバム『N album』が10万枚を超える売上枚数で1位となっている。
 “naked & natural”をテーマに持たせた、KinKi Kidsの約2年ぶりとなる本作は、吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)、小出祐介(Base Ball Bear)らが参加をしている。20周年イヤーを迎えた彼らの“ありのままで自然体”を融合したアルバムが断トツの売上枚数でトップとなっており、今回の集計期間後の発表での1位も確実視されている。2位はAimer『daydream』が3万枚に迫る枚数でチャートインした。Taka(ONE OK ROCK)や野田洋次郎(RADWIMPS)らの豪華アーティスト陣が楽曲提供やプロデュースなどで参加をしている。
 
 アルバムタイトルと同作の映画とともに、まだまだ旋風は吹きやまないRADWIMPS『君の名は。』が3位となり、4位には9/26付“Billboard JAPAN Top Albums Sales”を制したFlowerの『THIS IS Flower THIS IS BEST』が入った。5位の森山直太朗15周年を記念したオールタイムベストアルバム『大傑作撰』は、4位と133枚差で肉薄しており、月曜日発表のチャートでの順位に注目したい。
 
◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年9月19日~9月22日までの集計)
1位:『N album』KinKi Kids 104,036枚
2位:『daydream』Aimer 28,134枚
3位:『君の名は。』RADWIMPS 21,497枚
4位:『THIS IS Flower THIS IS BEST』Flower 14,240枚

関連記事リンク(外部サイト)

KinKi Kids「薔薇と太陽」、セールス1位、Twitter2位でE-girlsを押さえ総合首位
Aimer×スキマスイッチ、12/14横浜赤レンガ倉庫で対バン決定
TK from 凛として時雨×Aimer、ライブレポ到着 強烈な世界観を持つ2組が共演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP