ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

壊れたカメラレンズも買取可能です。買取店まとめと買取価格

  • ガジェット通信を≫

「写真はレンズによって変わるのか」問題は根強いですが、それとは関係なく、交換レンズをそろえていろいろな写真を撮るのは何よりの楽しみですよね。しかし中には、放置していていつの間にか壊れてしまった、なんてレンズもあるのではないでしょうか。壊れたレンズは捨てるしかない?とんでもない!実はそれ、ちゃんと買取してもらえるのです。

今回は、壊れたレンズでも買取(または下取り)してくれるショップを集めてみました。処分の前に買取を検討して、次のレンズ購入資金に充てちゃいましょう!

なぜ壊れたレンズが売れるの?

null

パーツが破損したり、オートフォーカスができなくなったレンズでも、買取をしてくれる業者があります。なぜ、使用できない壊れたレンズに値が付き、買取ってもらえるのでしょうか。その理由は、大きく分けて2つです。

修理して再販している

1つは、修理して売ることができる点が挙げられます。ジャンク品としてカメラレンズを買取っている店の中には、自社でレンズを直してから、店頭に並べて販売している所があります。これは、修理にかかる費用を差し引いても利益が出るということです。

カメラレンズは中古品であっても、リサイクル品であっても欲しいというユーザーが多く、常に一定の需要があるためにこうした商売が成り立ちます。特に、広い層から人気を集める「SIGMA」「TAMRON」「Nikon」「OLYMPUS」等のレンズは、例え修理品であっても需要があって、高値で取引されるため、故障していても高額で買取ってもらえる可能性があります。

部品として活用している

2つ目の理由は、修理用の部品として利用できるからです。修理ができないレンズや、修理代で足が出てしまうようなレンズの場合には、他のカメラやレンズの修理のための部品取りとして活用される可能性があるのです。

ですから、修理不可能なレベルまで壊れ、ガタクタになってしまったレンズでも、修理用のパーツとしてなら買取ってもらえますので、諦める必要はありません。どんな状態のレンズでも、ジャンク品のレンズ買取に対応した業者なら買取ってくれますので、気軽に査定に出してみてはいかがでしょうか。

壊れたレンズも買取している買取店紹介

カメラのキタムラ

null出典:カメラのキタムラ

カメラ専門店のカメラのキタムラでは、「なんでも下取り」というシステムを導入しています。カメラを購入するときに壊れたレンズを持ち込むと、一律の金額で下取りをしてくれるというサービスです。値引き額は商品と販売時期により異なりますが、インスタントカメラ、おもちゃのカメラやボディ番号(シリアルNo.)の無いもの以外はなんでも下取りしてくれるというのが大きなポイント。

店舗だけでなく宅配でも受け付けているので、新たにカメラやレンズを買い替えようと考えている方にはうってつけと言えるでしょう。

ジャンク品カメラ買取ジャパン

null出典:ジャンク品カメラ買取ジャパン

ジャンク品カメラ買取ジャパンは、その名の通りジャンク品でも買取している中古カメラ買取専門店です。こちらの特徴は、事前にできる査定方法が充実している点です。個人情報の入力なしででオンライン上でできる「匿名無料買取査定」と、「LINE買取無料査定」があり、どちらも非常にスピーディーに査定結果を知らせてくれます。ネット上で査定するのに個人情報を入力するのはすこし不安、ネット査定した後に営業の電話やメールがくるのは嫌だという方でも安心して利用できますよね。

買取方法も、店頭買取・宅配買取・出張買取の3つの方法から選べるので、自分やレンズの状態に合った方法を選択しましょう。

スリースター商会

null出典:スリースター商会

スリースター商会も、故障したレンズの買取を行っています。「レンズが壊れた」といっても様々なパターンが考えられますが、スリースター商会ではほとんどすべてのパターンに対応。破損、カビ、水没、動作不良など、どんな故障の仕方をしていても買取してくれる心強い買取店です。

一眼レフ用レンズの買取相場と査定額アップのコツ

null

一眼レフ用レンズの買取相場は、約数千円から約数万円、約数十万と幅広いです。例えば、SIGMAの「A 30mm F2.8 DN (ソニーE用) シルバー」なら約7,000~約9,000円、「APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG」なら約60,0000円前後の買取価格となっています。元の値段が高ければ高いほど、また、新しければ新しいほど買取金額は上がる傾向にあります。

一方、壊れたレンズの買取相場は、500円~5,000円程となっています。単焦点やフルサイズ対応などのレンズ、または人気のSIGMAやTAMRON等のメーカー品には高い査定額が付く傾向にあります。先々で売却することを考えるなら、人気メーカーのレンズを購入するようにした方が良いでしょう。逆に、標準オプションで付いてくるズームレンズ等は誰もが持っているために、価値が低くなりがちです。また、人気の単焦点レンズであっても、修理代がかさむ状態であったなら、500円程度の買取価格になる場合があります。

さて、こうした買取相場は大きく動きませんが、少しでも高く買取ってもらうための、査定額アップのポイントがあります。それは、ケースや説明書等の付属品をセットで売却することです。フルセットの方が需要があり、市場価値が高くなるため、査定額も高くなる傾向にあり、1,000円以上の値が付きます。カメラ本体やフィルター、三脚等とセット売りすれば、およそ4000円~5000円の査定額が期待できます。古いレンズは単体では高額査定が難しくなるので、こうした付属品や周辺機器と一緒に売ることをおすすめします。

まとめ

一眼レフカメラはまだまだ人気が根強く、例え壊れたレンズであっても市場価値が付きますから、諦めずに査定に出してみましょう。

壊れたレンズは、修理費や需要の有無で数百円の査定額しか出ない場合もありますが、ここで紹介したように、フルセットで売れば1000円以上の値が付くこともあります。こうした査定額アップのポイントを参考にしながら高額買取を目指しましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。