ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

携帯を高く売るなら!「モバイル1番」がお得な理由を大公開

  • ガジェット通信を≫

iPhoneは相変わらず人気がありますね。日本人は世界で一番iPhoneが好きなのではないでしょうか。それは新発売されたiPhone7に日本専用仕様ともいえるFelicaが搭載されていることからも伺えます。しばらく品薄状態が続きそうなiPhone7ですが、新しいiPhoneをゲットする前に中古iPhoneを売るなら「モバイル1番」をおすすめします。もちろんiPhone以外の携帯やスマホを売る場合も同様です。モバイル1番について紹介するとともに、査定基準や高く売るコツなどを口コミや評判を交えて一挙、大公開します。

モバイル1番って?

出典:海峡通信株式会社

白ロム携帯の買取に強い

東京23区の北側に位置する赤羽に、モバイル1番の店舗があります。海峡通信という会社が運営していて、白ロムの携帯の買取に強く、特にiPhoneの買取には定評があります。業界内でも買取価格が高いと有名なのだとか。中古品携帯の買取相場もホームページ内に掲載されているので他店と比較検討できるのもうれしいですね。店頭買取のほか、郵送買取は全国に対応しています。また、買取だけでなく、販売も行っているのも特徴。新品、中古の携帯のほか、タブレットも買取してくれます。

モバイル1番で携帯を売るメリット


白ロム携帯の買取はお任せ

まず「白ロム」についておさらいをしておきましょう。白ロムとは、SIMカードを抜いた状態の端末のことです。ちなみ電話番号が登録された状態の携帯端末は黒ロム、利用制限がかかって使用できない端末のことは赤ロムと呼ばれています。モバイル1番は白ロムの買取に強いので、携帯を解約した状態の端末があれば、白ロム1番で買取を検討してみましょう。それでは、具体的な利用方法について説明します。

利用方法について


まずは電話で問い合わせ

モバイル1番のホームページには、中古品携帯の買取相場が記載してあるのでチェックをすれば早いものの、中にはホームページには載っていない機種もありますよね。こんな時は、まず電話で価格を問い合わせるのが近道。売りたい携帯端末の機種名、色、状態を電話で伝えましょう。その場で査定してくれます。スピーディーな対応が評判ですよ。査定額に納得したら、店舗ではすぐに買取してくれます。来店時には、運転免許証などの身分証明書を用意してくださいね。遠方の人は郵送買取も利用できます。

郵送買取利用方法

それでは、郵送買取について説明しましょう。

まずは、電話などで査定を行います。査定額に納得したら手続きが開始されます。手順としては以下の通りです。

ホームぺージから郵送買取依頼書と買取確認書をダウンロードして必要事項を記入→発送日に電話で約束した買取価格を記入→梱包して発送(着払いの場合は買取金額から差し引きされるので注意を)→検品→問題なければ商品到着後翌日に送金開始。銀行振り込み以外にも、現金書留にも対応してくれますよ。

どんな携帯が売れるの?


ガラケーもOK

モバイル1番ではiPhoneの買取に定評がありますが、もちろんそれ以外のアンドロイドスマホ、ガラケーも高価買取の対象になりますよ。具体的には、apple、docomo、au、softbank、イーモバイルのスマートフォン、タブレット端末、一部のフューチャーフォンなどです。それでは、実際のiPhoneの買取価格を紹介します。
※査定価格は新品未使用・付属品がすべて揃った状態の価格です。

・iPhone7P32gsimフリー日本版:買取価格→9万8000円
・iPhone6 16gdocomo:買取価格→3万6000円
・iPhone6 64gdocomo:買取価格→4万4000円/
・sony Xperia Z5 SO-01H:買取価格→5万9000円
・iPhone SE 16g docomo:買取価格→3万円
・iPad mini2 WI-FI版 16G 未開封・全色:買取価格→1万8000円
・iPhone5c全色:買取価格→1万5000円
・iPad pro WI-FI 32G 未開封 9.7インチ:買取価格→5万1000円
・DIGNO M KYL22au全色:買取価格→1万2000円
※2016/9/22現在

査定基準や高く売るコツ


他店での買取価格情報もポイント

モバイル1番の買取価格は業界でナンバーワンを誇っています。よって査定基準は、一番高く買取をしてくれるショップに合わせているようですよ。特に買取強化機種は、他店での買取価格を伝えればかなり頑張ってくれると評判です。ここは押さえるべきポイントですね。

高く売るには?

モバイル1番で携帯を高く買取してもらうためには、査定時の手間をはぶくためにもいくつかの注意点があります。まずは、携帯の解約手続きが終わっていないならば速やかに手続きを完了させましょう。そのうえで携帯端末のデータを初期化して購入時の状態に戻します。その後はSIMカードを抜いて携帯端末を白ロム状態にして査定に出しましょう。また、iPhoneはアクティベートをしてApple IDなどの削除やリセットを必ず行って下さい。

付属品をそろえる

中古の携帯やなどタブレットを査定に出す場合、購入時の箱に入れて出しましょう。また付属品や説明書、購入時のレシートや保証書も忘れずに。付属品をそろえるのは鉄則ですよ。

クリーニングする

普段気にすることはほとんどないと思いますが、毎日使っている携帯はかなり汚れています。高価買取をしてもらおうと思ったら、キレイにクリーニングをするのはもはや当たり前といえます。付属品や箱のほこりなども取り除いておきましょうね。

口コミや評判など


高価買取やスピーディーな対応が評判

私はモバイル一番でソフトバンク版のiPhone4S64GBを8000円で売却しました。
本体に多少の傷があったものの、拒否されずに買い取ってくれましたし、売却する前に電話でおおよその買取価格について知ることもできたので安心して取引ができました。入金手続きも素早く申し込み・発送をしてから1週間も経たずに入金までの全ての契約が完了したので、対応の速さにはとても満足しています。

まとめ

最近の買取業者は宅配買取などは送料無料のところが多く、段ボールなども無料でもらえます。さらにキャンセルOKや返品さえ無料の所もあり、サービスは至れり尽くせりの感があります。

その点モバイル1番は、郵送買取の場合は元払いですし、段ボールなど梱包キッドも用意してくれる訳でもありません。しかもキャンセルも原則できません。それでもリピーターも多く、買取依頼や問い合わせも増えているようです。その理由は、なんといっても業界最高基準を誇る高価買取が期待できるから。多少の実費がかかっても、それを上回る買取金額が手に入るので利用者は納得して取引を続けるのですね。買取の際の参考にしてくださいね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP