ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極小ボイスレコーダーは液晶付きで操作性が抜群

DATE:
  • ガジェット通信を≫

極小ボイスレコーダーは液晶付きで操作性が抜群

マグネット内蔵で相手の死角に設置できる極小のボイスレコーダーが登場しました。イヤホンを接続すれば、その場で音声ファイルを確認できます。しかも、極小サイズにもかかわらず液晶付きで、操作しやすいのも特徴です。極小ボイスレコーダーの性能を詳しく見ていきましょう。

極小ボイスレコーダーは液晶付き

秘匿性バツグンの液晶付き極小ボイスレコーダーが登場しました。防犯対策ネットの「BN-MINIVOICE」です。手の中にスッポリ収まるサイズで、持ち運びは苦にならないでしょう。実勢価格は5,378円です。

このボイスレコーダーの録音形式はWAV。再生ファイル形式はWAV/MP3となっています。連続稼働時間は約5時間で、電源は内蔵バッテリーです。内蔵メモリは4Gバイト。サイズは23W×57H×12Dmmで、重さは18gです。

本体上部には電源スイッチとイヤホン端子を装備。本体下部に2つ並んでいるボタンは、音量のアップ/ダウンやファイルの頭出し、再生モードの選択に使用します。

マグネット内蔵ボイスレコーダー

このボイスレコーダーはマグネット内蔵なので鉄製部分ならどこでもセット可能。机の下の鉄製部分にくっ付ければ、会話をこっそり録音できるでしょう。本来裏はクリップになっているので、ズボンのポケットに挟んでおけます。

イヤホンがあればPCレスで録音ファイルを聞けます。録った音声をその場で確認できるのは便利でしょう。液晶付きなので操作しやすいのもうれしいところです。

充電とデータ転送は、同梱のUSBコネクタを介してUSBポートから行います。同等のサイズのボイスレコーダーは他にもありますが、液晶や再生機能を備えるタイプは希少です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。