体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シゴトも恋愛もうまくいかせる秘訣は「クレイジー」になること

シゴトも恋愛もうまくいかせる秘訣は「クレイジー」になること

「偉業を成し遂げる人には、個性の強い人が多い」とは、みなさんおわかりのことでしょう。「Elite Daily」の中でも強烈な個性を発揮している女性ライター、Zara Barrieさんはその理由を記事にまとめていました。今後の人生の参考に、ぜひ目を通してみては?

01.
他人の視線を気にせず
自由に突き進める

シゴトも恋愛もうまくいかせる秘訣は「クレイジー」になること

他人からの視線を気にしなければ、もっと自由でいることができます。

社会の常識から一歩抜け出したとき、世間を失望させることに対する恐れはなくなります。何か新しいことを始めるときに、ためらうこともありません。

愛する人と一緒になりたいと思ったときだって、まわりの意見に惑わされず自分の考えに従って突き進むことができるのです。

02.
一般的な見方にとらわれず
可能性を制限しない

大多数の人は、まるで自分の考えを小さな箱の中に押し込めるように、自らその可能性を制限してしまいます。

しかし、クレイジーな人は凝り固まった既成概念にとらわれることなく、独自の視点から物事を見ることができる。それこそが可能性を無限に広げるカギなのです。

03.
誰かが作ったルールではなく
自分で作ったルールに従う

シゴトも恋愛もうまくいかせる秘訣は「クレイジー」になること

規則とは自分の頭の中で作り上げるものですが、時に創造の可能性を狭めてしまいます。多くの人にとって、新しい考えや価値観はとても怖いものです。だから、本が焼かれ、芸術が糾弾されてきた歴史があるのです。

しかし、決められたことにだけ従っても真実の愛を見つけることはできません。他人と比較してばかりいても、大きなことは成し遂げられません。

過去に誰かが成し遂げてきたことを超えるには、規則を破ってでも挑戦する精神を持っている必要があります。

04.
「できない」という言葉を
「できる」に変える

クレイジーな人に、そんなの無理だ、できない、と言ってみてください。彼らは、それを自分への挑戦だと思うはず。そして自分が正しいと思っている時は、揺るぎない自信を持って立ち向かうのです。

05.
負けず嫌いで
何があっても自分を信じる

シゴトも恋愛もうまくいかせる秘訣は「クレイジー」になること

世の中、才能を持った人はたくさんいます。そして多くの人が、自分と同じような夢を追って努力しています。彼らに立ち向かい、激しい競争の中で成功する自信はありますか?

途方もないほどの成功をおさめる人は、ごくわずか。彼らに共通していることは、優れた才能を持っていることではありません。成功できるという強い自信こそが、何かを成し遂げる力を与えてくれるのです。

06.
リスクを恐れず
挑戦できる

リスクと失敗はつきもの。でもその恐怖に負けていては、前に進むことはできません。多くの人は、拒絶され傷つくことを恐れて挑戦するよりも自分を守ることを優先します。

クレイジーな人というのは、失敗を恐れません。取り返しのつかないことなんて、ほとんどないと思っています。傷つかないような楽な道に逃げ込んでいる時、彼らは勇猛果敢に厳しい道に挑戦します。

07.
他人に賛同されなくても
自分の信念に従える

シゴトも恋愛もうまくいかせる秘訣は「クレイジー」になること
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。