ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

教えて住タコ先生! 家を売るときってどんなとき?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先生! ふと気になったのですが、家ってほとんどの人が一生住むつもりで買うものですよね。でも、中古住宅があるということは、家を売る人がいるってことですよね? 家ってどんなときに売るんでしょうか?連載【教えて!住タコ先生】

新米編集きのっぴーの“家に関する素朴なギモン”に、住タコ先生が答える不定期連載です。

【画像1】きのっぴー(左):新米の住宅編集者。とにかくお金のことに弱いがお金以外にもよく分からないことが多い。編集部内で自分の知らない話で盛り上がっているときは、木のごとく気配を消してその場をやりすごしている/住タコ先生(右):不動産業界に携わってウン十年。特にお金について詳しいが、なんでも知っている。いつも穏やかな物腰でさまざまなことを教えてくれる。怒りスイッチが入るとスミをぶちまける習性がある(イラスト:つぼいひろき)

生活に変化があったときなど、家を売る機会はそれなりにある

きのっぴー:先生お久しぶりです! 突然ですが、私は長女なので漠然と「いつか実家は私が継いで暮らすのかな」と思って生きてきました。「家を売る」なんて考えたことがないし、イメージができません…。

住タコ:なるほど。そういう人間は多いと思うが、実は家を売る機会はそれなりにあるんじゃよ。

きのっぴー:そうなんですか?例えば…?

住タコ:投資目的として不動産を持っている場合を除くと、“生活や家族に変化があったとき”じゃ。

「転勤」「親と一緒に住むことになった」「結婚や子どもが生まれるなどで家族が増えた」「子どもが独立して夫婦ふたりになった」といった場合はそれまで持っていた家を売って、新しく家を買うということがあるじゃろう。いわゆる“住み替え”じゃな。

あとは少しネガティブじゃが「親が亡くなって実家が空き家になった」「離婚」「住宅ローンが払えなくなった」なんていうケースも考えられるのぅ。

きのっぴー:確かに、具体的に聞くと『なるほど~』となりますね! 私は「親が亡くなり、実家が空き家になって売る」というのが一番可能性ありそうです!

住タコ:ブシャ…(スミを吐こうとして止まる)

きのっぴー:…あれ? スミ…吐かないんですか…?

住タコ:「今から親が亡くなることを考えるな!」と言おうと思ったんじゃが…もしものときの事を考えるのは大事なことじゃな…。国の調査では空き家は全国で800万戸を超えていて、その6割近くは相続がきっかけだそうじゃ。この空き家問題には国も頭を痛めておるわい。わしのタコツボもどうするかそろそろ考えないとならんのかもしれないのう…。

きのっぴー:(なんだかすみません…)

売りたいときはどうすればいいの?

きのっぴー:では、「家を売りたい!」となったらどうすればいいのでしょうか?

住タコ:まずは自分が住んでいる(売りたい家がある)エリアの不動産会社さんへGoじゃ。そこで「家を売りたい」と相談すれば大丈夫。SUUMOなどのポータルサイトでも不動産会社を探せるぞい。

あとは、住み替えで新しい家を先に探している場合、住み替え先の不動産会社が売りたい家の売却も一緒にやってくれたりするぞ。住み替えは「新しい家を買う」のと「元の家を売る」タイミングがなかなか難しいからな。

いずれにしろ、家を売るときは「いくらで売るか」がものすごく重要じゃ。なるべく高く売りたいとは誰もが思うことじゃが、よくばって高く売ろうとするとなかなか売れずに、かえって大きく値下げしなければならなくなることもある。不動産会社では査定価格を計算してくれるが、適正な価格を知るためにも複数の不動産会社に依頼することをオススメする。

きのっぴー:確かに、お金や場所のことを考えると大変そうですね。

住タコ:売りたい家が都市部にあって駅に近いなどの好立地だと、「売る」だけでなく「賃貸で貸す」という選択肢も出てくる。「売る」ことに固執せず、「住まなくなった家をどうするか」という相談をするとよいと思うぞ。

これから都市部に家を買う予定の人は、なるべく値下がりせずに売れたり、高い家賃で貸せたりといった「家を手放すときの価値」の事を考えてエリアを探すというのも一つの方法かもしれんの。

きのっぴー:大事なことに気付きましたが、家を買うときと同じで、売るときもお金はかかりますよね?

住タコ:おお!そうじゃ!売るときにも仲介手数料などで数十万円単位のお金がかかる。それに家を買ったときより高く売れた場合は、トクした分に税金がかかることもある。自宅や相続した実家の場合は特例で税金が軽くなる場合もあるのじゃがな。そういったこともあわせて、手放すことを考え始めたらまずは相談じゃな!【本日のまとめ】

家を売る機会はそれなりにあるもの。生活や家族に変化があったら、「売る」ということも選択肢のひとつとして考えてみては。手数料や税金などでお金がかかったり、売る以外の可能性もありうるので、「手放そう」と思ったら複数の不動産屋さんや専門家へ相談を。

また、都市部の場合は家を買うときに「売るときの資産価値」のことも頭に置いておくとよいかも。
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/09/118366_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

チラシにある“月々●円で家が買える”って本当?
“頭金ゼロ”で家買っていい? やっぱり貯めなきゃダメ?
70歳で払えるの!? 35年の住宅ローンって長すぎない?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP