体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【戦争まで秒読み】悪質ポケモンGOプレイヤーが不忍池弁天堂にケンカを売る / 禁止の警告文読みながらプレイ! 露店の店主も激り

pokemon-go-bentendo3

プレイヤーのマナーが極めて悪いため、「ポケモンGO」やスマホゲームのプレイが全面的に禁止となった、東京都上野の不忍池弁天堂(寛永寺)の境内地。2016年9月18日、不忍池弁天堂の管理部は複数の場所に「警告文」が書かれた看板を立て、ポケモンGOのプレイが禁止になったことや、プレイした場合に警察に通報する事を歩行者に伝えた。

・不忍池弁天堂にケンカを売る行為
2016年9月19日に取材をしたところ、禁止後も多くの悪質プレイヤーが境内地で「ポケモンGO」を遊び続けていた。そんな悪質ポケモンGOプレイヤーが多数いることが判明して物議をかもしていたが、悪質ポケモンGOプレイヤーが逆ギレしたのか、不忍池弁天堂にケンカを売る行為をしている事が、2016年9月22日に行った追加取材により判明したのだ。

pokemon-go-bentendo10

・禁止の警告文読みながらポケモンGOプレイ
なんと、ポケモンGO禁止の警告文の看板を読みながらポケモンGOをプレイするという、挑発ともいえる行為をしている人たちが複数いたのである。

ほかにも堂々と不忍池弁天堂でポケモンGOをプレイする人や、歩きながら境内地でポケモンGOをプレイする人を多数見かけた。警告文を読んだあと、ポケモンGOをやめるのかと思えばそうではなく、ほとんどの人がプレイを継続していた。

pokemon-go-bentendo1 pokemon-go-bentendo3

・ほとんどがオッサンとオバサン
不忍池弁天堂にいる人の多くがポケモンGOで遊んでいた。おそらく、境内地にいた人の1/3ほどがポケモンGOプレイヤーではないだろうか。警告文が書かれた複数の看板があるにもかかわらず、完全に無視。悪質ポケモンGOプレイヤーの大半が20~50代ほどの大人で、チビッ子や10代の姿はあまり目にしなかった。

・注意されても日本語がわからないフリ
あまりにもひどすぎるので、記者に同行した仲間がポケモンGOで遊ぶ人たちに「ここはポケモンGO禁止の場所である」「コイキングは捕まえても弱いよ」という事を伝えたものの、多くの人たちが無言、無視、または日本語がわからないフリをされた。ポケモンGO禁止を知らなかった人や、謝って素直にやめた人もいたが、とにかく酷い有様だ。

pokemon-go-bentendo6 pokemon-go-bentendo8 pokemon-go-bentendo7
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。