体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋分の日、夕焼け小焼けでまた明日ソングス

エンタメ

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――ようやく暑さも和らぐ秋分の日、今回は「夕焼け小焼けでまた明日ソングス」です。
林美智子『赤と黒~Black&Red~』のジャケット写真 (okmusic UP's)

1.にんげんっていいな/中島義実
●バブル崩壊前夜の日本に生まれた家路ソング

誰もが知るTBS『まんが日本昔ばなし』のエンディング曲より。作曲・小林亜星、編曲・久石譲という、豪華なクレジットを見れば、広く世間に受け入れられたサウンドにも納得です。

ほんわかとするこの国民的ソングは、実は1984年、バブル景気直前の年に発表されました。“モーレツ”の時代から金欲の狂騒期へ――。“夕焼け小焼けでまた明日”と、みんなが今日のつづきを疑わなかったあの時代。「にんげんっていいな」と憧れる家庭的な歌は、今では人の業へのアイロニーを帯びて、どこか哀愁が漂います。

(選曲・文/麻布さやか)

2.「Bridge Over Troubled Water」/Simon & Garfunkel
●”あしたもまた元気に登校しましょう……”

私の通っていた小学校では、毎日の下校放送でオーケストラ版「明日に架ける橋」を流すことになっていました。放送委員だった私はこの曲が大好きで、下校当番になるのが毎回楽しみでした。台本のセリフを言い終えてマイクをオフにすると、曲を大音量にし、夕陽の射す放送室で黄昏ながら、必ず終わりまで聴いていたものです。

サイモン&ガーファンクルというアーティストのことや、歌詞の本当の意味を知るのは、もう少し大人になってからのこと。

自分が辛い時でも、側に居てくれる人が必ず居るよ――秋の夕暮れ、誰もいない校庭のような寂しさを感じている人に、この曲をお送りします。

(選曲・文/高原千紘)
https://youtu.be/4G-YQA_bsOU

3.交響曲第9番「新世界」より 第2楽章/A. ドヴォルザーク
●遠き山に日は落ちて、振り返るあの日の思い出

ドヴォルザークは東欧のチェコ出身の作曲家ですが、晩年は、アメリカのニューヨークの音楽院に招かれて作曲を続けていました。

当時のアメリカは“新大陸”“新世界”と呼ばれた開拓期。新しい世界から望郷の念を抱き、故郷を思う情緒溢れる調べとなっています。日本では、堀内敬三作詞「遠き山に日は落ちて」や「家路」などの唱歌がおなじみで、夕方に小学校の校庭に流れるメロディーとして知られていますね。

ドヴォルザークにとって最後の交響曲となったこの「新世界」。彼がどんな光景を想って譜面を書いたのか、考えると心に沁みるものがあります。

(選曲・文/堀川将史)
https://www.youtube.com/watch?v=w2ssgeoBySQ

4.「たそがれ」/サンズ・オブ・サン
●郷愁の海に溺れる魔法の1曲

昭和の時代。冬の日の子供たちは皆で一緒に田んぼで遊んだ後、駄菓子屋で買い食い。そして黄昏時には一番星を探したり、汽車の煙が夕暮れを染めていくのを眺めたりしながら、明日の春を待っていた。そんな情景を幻想的に映し出した歌詞(松本隆作)が素晴らしい曲「たそがれ」。日本のロック黎明期のバンド、サンズ・オブ・サンが1972年に発表したものだ。カントリー・ギターが紡ぐ美しいメロディーと、汚れなき子供のように中性的で浮世離れしたヴォーカルに彩られた、魔法のひととき。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会