ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

残忍なのは名前だけ。味はやさしいトルコ風「ナスの肉詰め」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

残忍なのは名前だけ。味はやさしいトルコ風「ナスの肉詰め」

トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピーマンの肉詰め」をナスに変えるだけで、世界三大料理に大変身。

「腹を裂く」のはナス
トルコ家庭料理の定番
カルヌヤルク

残忍なのは名前だけ。味はやさしいトルコ風「ナスの肉詰め」

切れ込みを入れてナスを開いたら、玉ねぎ、トマト、タイムを混ぜたひき肉をナスに詰めて蒸し焼きにして作ります。

ヨーグルトソースをかけることもあるようですが、それはお好みで。ここでは、家庭で本格的な味を楽しめるレシピをご紹介。

(材料:2人分)

ナス:4本
玉ねぎ:1/4個
豚ひき肉:150g
トマト水煮缶:200g
タイム:少々
塩こしょう:適量
オリーブオイル:小さじ2

(作り方)

ヘタを切り落としたナスに切り込みを入れたら、水にさらします。玉ねぎはみじん切り。半量のオリーブオイルをひいたフライパンで玉ねぎを炒め、透き通るくらいになったらひき肉を投入。トマト水煮缶、タイムを加えて水気がなくなるまで煮て、塩こしょうで味を整えます。

残りのオリーブオイルをフライパンにひいて中火で熱し、ナスが柔らかくなるまで焼きましょう。切れ込みに肉を詰め、水を大さじ3ほど加えて蓋をし、弱火で蒸し焼きすればできあがり。

関連記事リンク(外部サイト)

【保存版】トルコの「きゅうりサラダ」が簡単で美味しい!
旅先で集めた、世界のおいしいみやげ料理【お肉編】
冷蔵庫に「◯◯しかない」。なのに絶品料理ができる変身レシピ!【まとめ】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。