ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふて猫ケヴィン・スペイシーがニャー! 傲慢オヤジが猫にニャっちゃうコメディ『メン・イン・キャット』公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事一筋のゴーマン社長がある日突然、ネコにニャっちゃう爆笑コメディ『メン・イン・キャット』が、11月25日(金)より全国公開されることが決定した。

『アダムス・ファミリー』や『メン・イン・ブラック』シリーズなどのバリー・ソネンフェルド監督がメガホンを取る本作は、仕事人間で家庭をかえりみない大企業の社長トムが、娘の誕生日にせがまれ渋々苦手なネコを飼うことになり、怪しいペットショップでネコを手に入れたその帰り道、ビルから転落!目が覚めると、なんとトムの意識がネコに移ってしまう。ネコの姿のままペットとして家族に迎えられた傲慢オヤジの運命を描いた爆笑必須のコメディだ。

突然ネコになってしまうトム役を演じるのはカメレオン俳優の異名をとるケヴィン・スペイシー。『ユージュアル・サスペクツ』『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞®を2度受賞しているスペイシーが全キャリアをかけて渾身の演技で挑むネコ役に、かわいいけど中身はオヤジというギャップが加わりネコ好きでなくともメロメロになりそう。
その他、トムの愛する妻役に『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャニファー・ガーナー、そして風変わりでいかにも怪しいペットショップの経営者役には『ディア・ハンター』で同じくアカデミー賞®に輝いたクリストファー・ウォーケンが揃い、アカデミー俳優が最高に可愛いネコと夢(?)の競演が実現している。

併せて解禁となったポスタービジュアルには、どことなくケヴィン・スペイシー似の可愛くもふてぶてしいネコちゃんがお目見え。同監督作品『メン・イン・ブラック』をパロったロゴにはひょっこり飛び出した可愛らしいネコ耳がデザインされている。

豪華アカデミー級名優揃い踏みの爆笑必須”ネコ”コメディ『メン・イン・キャット』は11月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開。

https://youtu.be/_jHA97HzhxE

© 2016 – EUROPACORP – All rights reserved

関連記事リンク(外部サイト)

​ブラッド・ピットは下半身裸で演じた!映画『ファイトクラブ』7つの真実
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP