ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

布袋寅泰、ズッケロのライブにスペシャルゲストとして出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

35周年ジャパン・ツアーを敢行中の布袋寅泰が、9月17日にイタリア・ヴェローナの歴史的な会場アレーナ・ディ・ヴェローナで行なわれたズッケロのライブにスペシャルゲストとして出演。圧巻のパフォーマンスでアリーナを埋め尽くした1万2,000人のオーディエンスを魅了し大喝采を浴びた。

この日のライブはズッケロの最新アルバム『Black Cat』発売に伴うワールドツアーの一環で、同アルバムに布袋がゲスト参加し意気投合したことがきっかけで、布袋のイタリアでの初パフォーマンスに繋がった。

ヴェローナは中世の町並みがそのまま残る街。2000年には「ヴェローナ市街」としてユネスコの世界遺産に登録された歴史的都市。また、会場となったアレーナ・ディ・ヴェローナは市街地のほぼ中心に位置し、紀元30年頃に闘技場として建築され、現在は世界最大規模の屋外オペラ会場としても利用されている歴史的建造物。一方、ズッケロは“イタリアの至宝”と呼ばれる国民的英雄。この日も会場は1万2,000人を超える観客で埋め尽くされ、同会場での11日間公演はギネスブックに申請される予定。

ライブは午後9時を回りスタート。ツイン・ドラム、ホーン・セクションを含め総勢13名で編成されたバンドを従え、1曲目から迫力のあるズッケロのボーカルが“闘技場”に響き渡る。2曲目の演奏が終了した直後、「HOTEI!」というズッケロのシャウトに呼び込まれて布袋が登場。布袋がレコーディング参加した楽曲「Ti voglio sposare feat. Tomoyasu Hotei」を共演した。ヘビィかつソリッドなギター・プレイはもちろん、躍動感あふれるパフォーマンスでオーディエンスを魅了し、拍手喝采の中で布袋は一旦ステージを後にする。

その後、布袋はライブ中盤に再び登場。ズッケロの代表作のひとつでもある1989年の大ヒット・アルバム『Oro Incenso & Birra』から「Il Mare Impetuoso Al Tramonto Salì Sulla Luna E Dietro Una Tendina Di Stelle…」、「Iruben me」、「Madre dolcissima」の3曲を共演。「Iruben me」のエンディングでは渾身のギター・ソロを聴かせ大歓声が巻き起こる。「Madre dolcissima」では、ステージ中央から延びる花道へズッケロとともに移動してのパフォーマンスで会場の熱気が最高潮を迎えた。イタリアの大観衆に心に“HOTEI”の名が刻み込まれた歴史的瞬間であった。

布袋はこの日4曲をズッケロと共演する破格の扱いを受け、二者のあいだには“ホストとゲスト”ではなく“パートナー”としての関係が築かれたことを確信させた。当夜のステージが布袋の今後の海外活動に大きな影響を与えることは間違いないだろう。

布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 『8 BEATのシルエット』【BEAT 7】Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜
9月25日(日) 名古屋国際会議場 センチュリーホール [愛知]

10月01日(土) フェスティバルホール [大阪]

10月02日(日) フェスティバルホール [大阪]

10月06日(木) ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール [群馬]

10月08日(土) 倉敷市民会館 [岡山]

10月10日(月・祝) サンポートホール高松 [香川]

10月29日(土) 神戸国際会館 こくさいホール [兵庫]

10月30日(日) 本多の森ホール [石川]

11月01日(火) 広島JMSアステールプラザ大ホール [広島]

11月03日(木・祝) 福岡サンパレス [福岡]

11月05日(土) 延岡総合文化センター [宮崎]

11月06日(日) 鹿児島・宝山ホール [鹿児島]

11月09日(水) 釧路市民文化会館 大ホール [北海道]

11月11日(金) ニトリ文化ホール [北海道]

11月18日(金) 南陽市文化会館 大ホール [山形]

11月20日(日) 仙台サンプラザホール [宮城]

11月23日(水・祝) 相模女子大学グリーンホール [神奈川]

11月25日(金) たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール [兵庫]

11月27日(日) 長野 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) [長野]

11月30日(水) NHKホール [東京]

12月01日(木) NHKホール [東京]

※終了分は割愛

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP