ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【PSVR】『東方紅舞闘V』VRの幻想郷で弾幕アクション!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲーム制作サークル「CUBETYPE」から2016年11月3日に発売予定の3D格闘アクションゲーム『東方紅舞闘V』を紹介します。本作はPlayStation 4(PS4)およびPlayStation Vita(PS Vita)向けタイトルとなっており、PlayStation 4版ではPlayStation VR(PSVR)に対応します。

「東方Project」の世界観をモチーフにしたファンゲーム

www.youtube.com/watch?v=jOsSVRIlNb8

本作は、ゲーム制作サークル「上海アリス幻樂団」のZUN氏が制作する弾幕STGシリーズ「東方Project」の世界観をモチーフにしたファンゲーム(二次創作作品)。

このゲームの元となっているPC向けゲーム『東方紅舞闘』はおよそ8年前のゲームで本作はリメイク作品となります。ゲームの内容は、世界に発生した異変を解決しにいく「シナリオモード」、PlayStationNetwork(PSN)のスコアランキングに対応した「アーケードモード」に分かれます。

爽快な3人称視点の3D対戦アクションゲーム

本作でPSVRに対応しているのは、Third Person Shooter(TPS:3人称)視点の3D対戦アクションゲーム部分となっています。

PSVRを装着した際もFirst Person shooter(FPS:1人称)視点とはなりません。開発元のCUBETYPEはサークルサイト上にて、FPS視点に関しては「試しにモックアップを作ってみた時はゲームの性質上、視点が高速に変わるために酔いが発生しうるため、じっくり検討してアイディアが浮かんだら発売後にFPSモード追加パッチなども考えてみたい」と話しています。

TPS視点のため、全周囲モニターの状態でのプレイとなります。ステージ内に自分のキャラクターがいて、相手キャラも見える、周りを見るとステージの風景がきちんと見えるといった形とのこと。

なお、本作はPS4版では、画面分割によるローカル対戦とPSNによるオンライン対戦に対応しています。PS Vita版でのPSNネット対戦は検討中とのこと。

東方のキャラ達がVRで動く姿は、東方ファンの人なら嬉しいものとなりそうです。

『東方紅舞闘V』 公式サイト

www.cubetype.com/works/tohoKobutoV/

・ソフト情報
タイトル:東方紅舞闘V
ジャンル:3D対戦アクション
開発元:CUBETYPE
発売日:2016年11月3日
対応プラットフォーム:PlayStation4(PSVR 対応)、PlayStation Vita
価格:3000円(税込)※PlayStationStoreにてダウンロード販売
プレイ人数:1人~2人(オンライン:1人~2人)
CERO:未定

(参考)
『東方紅舞闘V』 公式サイト

www.cubetype.com/works/tohoKobutoV/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP