ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産後疲れで先送りしていたお宮参り。やっぱりやろうと決めてからがドタバタでした

DATE:
  • ガジェット通信を≫
産後疲れで先送りしていたお宮参り。やっぱりやろうと決めてからがドタバタでした f:id:akasuguope01:20160422212357j:plain

無事に出産してホッとしたのもつかの間、夜も昼も小刻みな睡眠でヘトヘトな中で役所での手続きやお七夜を済ませ、やっと一息ついた頃にはお宮参りについて考える時期になっていました。

我が家は両実家ともしきたりにこだわる方ではなく、義母から夫が赤ちゃんのときはお宮参りをしなかったと聞いたことや、娘は夏生まれで暑い中だったこともあり、結局涼しくなる頃にあらためて考えようと保留にすることにしました。 関連記事:お宮参りの主役は義母じゃないのよ!? 大張り切りで息子を離さない義母に嫉妬

その後里帰りから自宅に戻ってからは初めての育児に追われる日々で、いつしか秋も深まり、疲れが抜けなかった当時の私の心の中には正直「やらなくてもいいかな…」という気持ちが芽生えていました。

しかし、実母にも相談しお祝いごとであることから、簡単にでもお参りをすることにしました。今住んでいる街は結婚を機に越してきたところだったので、まだまだ地元のことがわからず、特にどこの神社に行くのがよいか迷いました。

とりあえずいちばん近くの神社にお散歩を兼ねて行ってみると、かなり古くてこじんまりしているけれども歴史が深いということがわかり、雰囲気もとてもよくすぐに気に入りました。

そこから私も一気にやる気になり、バタバタとお参りの申し込みをし、近隣の写真屋さんを調べて予約し、私が着る着物と羽織の着物も問題なく使えることを確認してなんとかお宮参りはできそうなところまでたどりつきました。

娘の服に関しては、実は産後に病院を退院するときに娘に着せた2wayオールが少しきちんとした形の真っ白なもので、お宮参りをするならこれを着せようと思っていたのですが、私が時期を延ばし延ばしにしてしまったために丈が短くなって膝から下が出るようなかっこうになってしまうことが判明しました。

スタイと帽子については、私自身のお宮参りで使ったものが実家に一応あると聞いていたのですっかり安心していたのですが、直前に出してみると、丁寧にしまわれていたとはいえスタイにうっすらシミが出ていました。

あわててレンタルするか、新規に購入するか調べつつ迷いつつ、ダメでもともとと台所用の濃縮洗剤と少しの漂白剤で手洗いをしてみたところ嘘のように真っ白になり、結局そのまま使用することにしました。

娘の服も、結局着物に隠れてしまうからという私の判断で下にタイツをはかせて丈の短くなった2wayオールを着せることにしました。

当日はとても優しい雰囲気の神主さんの下お参りをすませ、無事写真も撮ることができました。よい記念になり、振り返るとやってよかったなとつくづく思いましたが、スタイも服も結局なんとかなったからよいものの、これからは行事ごとは先送りにせず早め早めに準備をしようと反省しました。 関連記事:一生に一度のお食い初めは記念に残るものを。家族3人でお祝いした心温まる時間

f:id:akasuguope01:20160422205246j:plain

著者:すち子

年齢:32歳

子どもの年齢:1歳

1歳の女の子の母親です。 月に数日仕事をしつつ基本は専業主婦で子育てをしていますが、手がかかる時期なのか体力不足を痛感しています。 最近は自分の家事効率の悪さに嫌気がさし、少しでも育児に余裕が持てるよう時短ワザを調べては試してみるという日々を過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

お宮参りの主役は義母じゃないのよ!? 大張り切りで息子を離さない義母に嫉妬
決して豪華ではないけれど。可能な範囲で手作りした我が家なりのお食い初め
お食い初めは思い出いっぱいのホテルで!プロの手を上手に借りて、家族のいい思い出に

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。