体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になる

トレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になる

国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハイメン国立公園を巡るツアーが数多く組まれるなど、トレッキングは代表的なアクティビティーとして広く認知されている。

だからこそ、この国にはこんなにも便利で美しいロッジがあるのだろうか。

雄大な眺望は、
つい長居してしまいそう

トレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になる ひっそりと佇むロッジは、トレッキングを愛する人たちのためのもの。未経験者からしても、こんな山小屋で疲れた身体を癒せるのなら、チャレンジのハードルも下がるのではないかと思える。トレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になるトレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になるトレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になるトレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になるトレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になるトレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になるトレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になるトレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になる

印象的なのは、雄大な眺望を楽しむための大きな窓。ひとつのロッジには大体25〜30人が入れるそうで、シャワーなどのちょっとした休憩から睡眠まで幅広い使い方が可能。ひと汗かいた後はもちろん、むしろここだけを目的にやってくる人がいたとしても不思議ではないほど、それ自体が魅力的な建物だ。Reference:KOKOLicensed material used with permission by Tõnu Tunnel

関連記事リンク(外部サイト)

新しい週末旅行の提案!2泊3日香港トレッキングの旅
ノルウェーの家族に学ぶ「ガラスドーム」の暖かい暮らし
一度見たら、しばらく「ノルウェー」のことが忘れられなくなる3分間の映像

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。