ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

W・アッカーマン、26年ぶりの来日を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。9月21日(水)のオンエアでは、音楽レーベル「ウィンダム・ヒル・レコード」の創設者でギタリストのウィリアム・アッカーマンさんをお迎えしました。

今回なんと26年ぶりの来日となったアッカーマンさん。「日本に来れて嬉しいよ。たくさん蕎麦を食べれたのも嬉しいよ」とご機嫌で、この日はランチを食べすぎたそうで、「若干眠い気もするけど大丈夫だよ!(笑)」と言っていました。

70年代にフォーク&アコースティックの音楽レーベル「ウィンダム・ヒル・レコード」を立ち上げ、80年代に入ると“ニューエイジ”という一大音楽ムーブメントを築き上げたアッカーマンさんは、ご自身もギタリストとして活躍しています。

今回は、世界遺産である奈良の春日大社で、20年に一度、社殿を新しくする「式年造替」の奉納演奏のために来日されたアッカーマンさん。

「すごく美しい場所だったよ。赤いお寺が夜にライトアップされるんだけど、その光景はとても幻想的だった」と語ってくれましたが、客席ではなく本殿に向かって演奏したことも素晴らしい経験で、人生の中で最も感動した夜だったそうです。

アッカーマンさんは現在、家族と一緒に、アメリカ・バーモントにある山と森に囲まれた山荘で暮らしているそうですが、一体どんな暮らしなのか、聞いてみました。

「僕はもともとカリフォルニア育ちなので、今住んでいる所は本当に自然が素晴らしい所だと思う。妻はガーデニングが好きで庭はいつもキレイだし、鶏やアヒルも飼っているよ。あとはスタジオで音楽を作ったり、旅をしたり」

まさに理想的な生活ですね。

オンエア中には、友人の結婚に向けて書いた曲を生演奏してくれたアッカーマンさん。最後に日本のファンに向けてメッセージをいただきました。

「日本のファンの皆さんからはいつも愛をたくさんもらっています。日本は自分にとっても思い入れの強い場所なので、また来るのを待っていてください」

次の来日は、また26年後とならず、ぜひ早めに実現してほしいですね(笑)。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。