ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝を制すればピカピカの美肌に!おススメは朝の“ウコン”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ウコン”というと「二日酔いに効く」というイメージがありますが、ウコンのパワーはそれだけではありません。ウコンには、ポリフェノールを始めとするお肌にもいい成分がいっぱい。おススメは、朝にウコンを摂取することです。

朝はシャッキリ起きられる?

しっかり寝たつもりなのに、朝はだるくてなかなか起きられない、なんてことはありませんか? 体温や血圧、ホルモンの分泌、代謝などは自律神経によってコントロールされています。自律神経が乱れてしまうと、しっかり眠っても寝たりない、だるさが取れないというような症状が出てしまいます。自律神経は日中と夜で、交感神経と副交感神経が入れ替わって作用しますが、自然な体の周期は25時間。これを体内時計といいます。つまり、何もしないと体が感じる時間の感覚がだんだんずれていってしまうということ。朝は、体内時計のずれをリセットする重要な時間です。そのためには、朝の日の光をしっかりと浴びることが重要で、それを繰り返すうちに気持ちよく目覚められるようになってきます。

お肌におススメなのは朝の“ウコン”。その理由とは?

ウコンは古来中国で漢方として持ちられてきた成分です。ウコンにはターメロンやシネオールなどの精油成分が豊富に含まれて、胃の調子を整えたり、胆汁の分泌を促進する働きがあります。その効果から、「二日酔いにはウコン」と言われますが、体のさまざまな機能を促進する働きがあり、朝にウコンを摂ることで、1日をシャキッと始めることができます。さらに注目したいのは、ウコンの黄色のもとになるクルクミン。クルクミンはポリフェノールの一種で抗酸化作用が高く、お肌を加齢による老化から守るだけでなく、シミやシワのもとになる光老化から守る働きがあります。さらにウコンには鉄分や食物繊維、ビタミンCも豊富で、美肌を作る栄養素がいっぱいなのです。

おススメ! 簡単な“ウコン”の摂り方

ウコンは別名ターメリックともいい、カレーの色付けに使われるスパイスです。ターメリック自体はクセのない味なので、いろいろな料理に使うことができます。朝ごはんをしっかり食べるのも美肌を作るのに大切ですが、ターメリックはサラダに振り掛けたり、オムレツに入れて焼いても美味しくいただけます。牛乳や豆乳に混ぜてもいいので、上手に活用して美肌を手に入れちゃいましょう!

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。