体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3位は読書で2位は外食!日本人の好きな休みの過ごし方、堂々1位は?

みなさんは休みの日に、何をして過ごしますか? 日数によっても変わってくると思いますが、一般的に休みと言えば何をしたくなるでしょうか?

3位は読書で2位は外食!【日本人の好きな休みの過ごし方】1位はやっぱり・・・
そこで今回は日本生産性本部の作成した『レジャー白書2016』から、日本人が休みの日にしているレジャーをランキング形式で紹介したいと思います。

第5位:映画鑑賞

3位は読書で2位は外食!【日本人の好きな休みの過ごし方】1位はやっぱり・・・
第5位は映画鑑賞。1年前の『レジャー白書2015』では第7位でしたから、休みの日に映画を見る人が増えてきたのかもしれませんね。

映画と言えばかつては娯楽の神様。どこの劇場も人でぎっしりだったという歴史があります。さすがに今ではちょっと様子が違っていますが、DVDでの鑑賞なども含めて、根強い人気があると分かります。

ちなみにユネスコの調査によると、世界で最も多く映画を作っている国ランキングで日本は世界4位。インドが群を抜いて多く、米国、中国が続いて、その次といった感じです。

さらに映画市場の大きさで言えば世界で第3位。自国の映画を近所の映画館で見られるという状況は、日本人からすると当たり前ですが、冷静に考えるとすごく恵まれているのですね。

第4位:読書

3位は読書で2位は外食!【日本人の好きな休みの過ごし方】1位はやっぱり・・・
第4位は読書。文化庁の調査によれば1カ月に1冊も本を読まない人の割合はどんどん増えていると言います。平成14年の段階では37.6%だった数字も、平成20年には46.1%、平成25年には47.5%となっています。1カ月に1冊という人を加えると、平成25年の調査では82.0%の割合に。8割以上の人が1カ月で読む本の数が0冊~1冊になっているのですね。

ただ一方で、レジャー白書によれば、休日の過ごし方として「読書」が第4位に挙げられています。これはどうしてなのでしょうか?

実は本を1冊も読まないという人の内訳を詳しく見ると、意外にも70歳以上など高齢者が圧倒的に多いと分かります。その主な理由は「視力など健康上の問題があるから」。

一方で若者に関しては「仕事や勉強が忙しくて読む時間がない」が理由として挙げられています。そう考えると普段は忙しくて読めない本を、休日に読んでいる若者~中年が少なくないのかもしれませんね。

■あわせて読みたい
外に出たくない日に。お家で過ごす休日を楽しくする5つのアイデア

外に出たくない日に。お家で過ごす休日を楽しくする5つのアイデア


心が疲れたときに。月曜日から元気に仕事に行くための休日の過ごし方
http://tabizine.jp/2016/01/10/53910/

第3位:ドライブ

3位は読書で2位は外食!【日本人の好きな休みの過ごし方】1位はやっぱり・・・
第3位はドライブ。TABIZINEの過去記事などでも紹介した通り、日本には絶景のドライブコースがいっぱい。2015年の同調査では4位でしたが、2016年は第3位にランクアップ。北海道から沖縄に至るまで、美しいドライブコースがあちこちにある日本に生まれた幸運を、思い切り満喫したいですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。