ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョニー・デップ主演の犯罪スリラー映画『Labyrinth(原題)』、オープン・ロードが北米配給権を獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オープン・ロード・ピクチャーズが、ジョニー・デップ主演の犯罪スリラー映画『Labyrinth(原題)』の権利を獲得した。同作では、デップが演じる刑事が、2パックとノトーリアス・B.I.G.の殺人事件を調査する。

ブラッド・ファーマンが監督を務め、11月中旬に撮影を開始する。

ミラマックスがオープン・ロード・フィルムズとパートナー提携して共同出資を行い、米国での配給を担う。グッド・ユニバースが、米国外の地域に向けての海外セールスを担う。

オープン・ロードのCEOトム・オーテンバーグは、「『Labyrinth(原題)』はエッジが効いたタイムリーな探偵スリラー作品です。この作品は、弊社のラインナップにとって重要な作品になるでしょう」と、声明の中で語った。また、「(ジョニー・)デップはこの作品にとって完璧な配役です。私たちは、デップやミリアム・シーガル、(ブラッド・)ファーマン、その他の製作チームと共に仕事することにとても興奮しています」と、続けた。

同作は、汚名を負わされたロサンゼルス市警の刑事ラッセル・プール(デップ)が、音楽界のアイコンである2パックとノトーリアス・B.I.G.の未解決殺人事件に挑む。同事件は、20年が経ったが未だに解決されていない。自身の名誉とキャリアを守ろうと必死なレポーターのジャックことジャクソンは、事件の謎を明らかにすることを決断する。ジャクソンはプールを見つけ出し、2人は事件を解決するために最終的にパートナーとなる。プールが、権力、汚職、犯罪にまつわる信じられないストーリーを明かしていく一方で、ジャクソンも偽装の罠を解き始める。自分自身を救うための戦いの中で、傷つきながらも懸命に働いた2人が導いた容赦ない真実は、ロサンゼルス市警を土台から揺るがす恐れがあった。

ミラマックスのフィルム・テレビ部門上級副社長のザンヌ・ディヴァインと、買収・共同プロダクション部門上級副社長のローザンヌ・コーレンバーグが、ミラマックスの代理人となり契約交渉を行った。

同作は、シーガルと、彼女が率いるグッド・フィルムズがプロデュースを手掛ける。クリスチャン・コントレラスが、書籍『Labyrinth: A Detective Investigates the Murders of Tupac Shakur and Notorious B.I.G., the Implication of Death Row Records’ Suge Knight, and the Origins of the Los Angeles Police Scandal.(原題)』をもとに、脚本を執筆中だ。

オープン・ロードのCEOオーテンバーグとCOO兼法務担当役員のエリオット・クラインバーグがオープン・ロード・フィルムズの代理人として、製作会社代理UTAインディペンデント・フィルム・グループとWME・グローバルが映画製作者の代理人として、グッド・ユニバースと共に契約交渉を行った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP