体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「電力問題の本質は自由化」 阪大・八田教授が語るエネルギー政策

大阪大学の八田達夫招聘教授

 ことし3月11日の東日本大震災以降、計画停電が起き、夏には大口契約の企業や公的機関等に対して電力使用制限が発令された。日本の電力供給体制は脆弱性を露呈したと言える。福島第1原発の事故による放射能の影響だけではなく、原子力発電を含む電力のあり方への関心が国民の間で高まっている。

 大阪大学の八田達夫招聘教授は「問題の根底は本質的な自由化をしなかったことだ」と電力供給体制の欠点を指摘する。国のエネルギー基本計画を見直す総合資源エネルギー調査会(総合エネ調)・基本問題委員会のメンバーであり、「電力の自由化」論者とされる八田氏に話を聞いた。

■「問題の根底は、本質的な電力の自由化をしなかったこと」

――原子力発電をはじめ電力のあり方への関心が国民の間で非常に高まっている。そもそも何が問題点なのかをお聞きしたい

 日本の電力供給体制には、需要量を抑制する手段はなく、新規参入者の発電を促す仕組みもないという問題点を抱えている。そのため、ある限度を超えて電力が不足すると、計画停電や電力使用制限に陥る。これが、福島第1原発の事故で、電力供給が欠落したことによって起きた計画停電や制限令の原因だ。

 問題の根底は、本質的な電力の自由化、すなわち新規参入者と電力会社が対等に競争しながら需要と供給とを価格メカニズムで調整する状況に改革することをしていなかったことだ。

――なぜ電力不足時に需要量をコントロールできないのか

 そもそも日本では、大口の需要家と発電所は契約する時に電力価格を決めるが取引数量に決めない「使用権契約」が行われる。だから、大口の需要家は電気を固定契約価格で使いたいだけ使う。電力の不足が起きた時にも価格が上がらないから、需要家は買い続ける。当日どれだけ電力を使用するかは、需要家の勝手となる。つまり、肝心の時に一斉に需要量を減らすメカニズムがない。使用権契約であることが、電力供給体制を不安定にしている。

 しかも、使用権契約であるため、当日いくら使われるか分からないから電力会社は心配で仕方ない。そのため、電力会社は過大な発電装置と送電線装置を持たされることになる。また、当日に需要家があまり電力を買わないリスクもある。それらの分の(リスクに応じて上乗せされる)リスクプレミアムが売る側に足されるので、電力の価格が高くなっている。

■電力供給体制を安定させる解決策はあるのか

――どうすれば使用権契約から抜け出せるか

 「確定数量契約」を選択可能な制度にすればよい。確定数量契約とは、時間ごとの取引数量まで確定する契約である。これができるようにするには、そのような契約を希望する需要家と発電会社が、取引量を前日に「明日はこれだけ使う、あるいは発電する」と中央給電指令所(電力使用量を監視しながら、発電量や流れをコントロールするところ)に届け出られるようにすればよい。前日の届け出以上に需要家が買ったら、電力会社の中央給電指令所と需要家が精算する。これを「リアルタイム精算制度」といい、そのときに用いる価格は、次に説明する「調整電力の限界費用」である。

 まず「調整電力」。電力は常に需給が一致していないと発電機が壊れてしまう可能性があり、壊れると停電が起きる。だから、非常に狭い範囲で需給を一致させるように中央給電指令所は、瞬時に、前もって入札している発電所に対して発電要請を行う。それを調整電力の調達という。さらに調整電力の最後の一番高い価格を「限界費用」という。

 リアルタイム精算制度では、需要家が余計に買ったら限界費用を持って清算できるようにする。その代わり節電したら、一種の発電とみなして、その分を限界費用で買ってくれるようにする。そういう仕組みにすると、確定数量契約を結ぶことができるようになる。そうなると、当日の需給が逼迫していると値段が上がるから、節電すると大儲けできるから節電のインセンティブができる。また確定数量契約になると、発電所は必要なだけの発電機を持てばいいから、無駄なことをやらなくて済む。

■リスクを恐れて新規参入者が入ってこない

発電に新規参入者が少ない理由とは――

――新規参入者の発電を促す仕組みとは何か

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。