ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カンボジアで「睡眠強盗」にあったので、その対処法をお教えします!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!現在世界一周7カ国目インドにいる、KEIです。リアルタイムな世界一周はブログInstagramで更新中です!

 

「トラブルはトラベルのスパイス」という言葉もありますが、やはり旅にトラブルは付き物です!どんなに気をつけていても、トラブルは起きてしまうもの…実は、先日カンボジア・シェムリアップで「睡眠強盗」に遭いました。「えぇ!?睡眠強盗!?」と驚いた皆さん、ご安心ください。

この記事を事前に読んでおけば、トラブル解決の近道になること間違い無しです。(僕は無知だったので大変でした)題して、「俺みたいになるな!〜海外で睡眠強盗にあった僕が教える対処法としくじり談」です!

 

そもそも「睡眠強盗」とは?

photo by pixabay

「睡眠強盗」という言葉は日本にいたら、あまり聞かない単語ですね。ずばり睡眠強盗とは、睡眠薬を盛り眠らせ、荷物や現金を盗んでいくという手口です!

その方法も多種多様で、寝台列車でトイレに行っているうちに飲み物に睡眠薬を混入するものや、僕のように飲み物に睡眠薬をこっそり入れられている場合もあります。そして、相手が眠っているうちに金銭や荷物を盗んでいく。被害者としては、悔やんでも悔やみきれないとんでもない強盗です!

 

僕が実際に被害に遭った話

photo by Kazuki Kiyosawa
※これは実際の写真です。(左から順に、友人、顔を隠したがる自称イラン人、僕)

それは、カンボジア・シェムリアップに滞在していた夜のこと。かなり気前のいい自称イラン人の男性に会いました。それまでの旅で大きなトラブルもなかったので「まぁ旅は、人の出会いだしねぇー!」なんて軽いノリで一緒に飲みに行くことに。

その男は、「俺は今ハッピーなんだ!全部ご馳走してやる!」と上機嫌でした。そして、何杯かビールを乾杯し…気がつくと、どこかも分からないホステルにいました。状況も読めないまま僕は友人を起こし、ホテルを飛び出しました!すると、宿代を請求され、お金を確認すると僕は持ち金を全部・友人は財布を丸ごと無くなっていました。

そしてここでようやく理解しました。「睡眠強盗」にあったんだなと。

 

二日酔いの感じもないし、記憶がブチッと途絶えている。それは、まるで映っているテレビのコンセントを突然ブチ抜いたかのような感覚でした。奇跡的に、僕は現金(日本円で2万円)だけ抜かれていて、クレジットカードやパスポートは無事でした。

なので、慌ててお金をおろし支払いを済ませましたが、まだ薬が効いていたせいかこの辺の記憶も曖昧で、この日は1日、立ちくらみが続きました。

 

初対面の相手とお酒を飲みに行く際の注意

photo by pixabay

「睡眠強盗」に遭ったからといって、これから全ての誘いを断るなんてことは出来ません。今までだって、バスで隣の席に座ってただけのタイ人の家に泊まりに行ったり、マレーシアで道に迷って「今夜は家に泊まれ!」と声を掛けてもらったりして、そういう摩訶不思議なキッカケで良い出会いに繋がったということも多々あるのです。

 

ただ今回、被害にあってみて思うことは2つ。

■「俺が全部奢ってやる!」を先に言う奴には要注意!
■自分のグラスからは目を離さない!

ということです。奢ってくれる人は、先にそんな大っぴらに言わないし、よく考えればグラスから目を離さないのも当たり前ですね。寝台電車などで、トイレに行く際も自分の飲食物は持っていくことが鉄則みたいです。

 

「睡眠強盗」に遭ってしまったら…

photo by pixabay

幸いにも今回、僕は現金だけを盗まれていただけで、命に別状もなく、どこも怪我しておらず、「軽い」と言えば、「軽い」睡眠強盗だったと思えます(起きたのもホステルだったし)。最終的にツーリストポリスに行き被害届も受け取り、とりあえずは問題解決(犯人は未だ逃走中)しましたが、仮にアナタが「睡眠強盗」に遭ってしまったら。

 

しくじり談から言わせてもらうと、対処は3つです。

①「まず起きた場所で、警察を呼ぶ/呼んでもらう」

よくよく考えれば、起きたホステルもグルだった説が浮上してきます。そういったホステルに限って、入り組んだ場所にあり、記憶が曖昧になっていることを良いことに覚えられません。でもよく考えてみれば「チェックインしているはずだし、その状況をよく知っている人たちのはず」。

今回、ホステルにいましたが、これが外だった場合も同じかと思います。後で、必ず事情聴取が始まります。「どこで起きたのか、何があったのか分からない外国人」を相手してくれる警察官は海外ではあまり多くないと思われます。まず、起きた場所に警察を呼ぶ/呼んでもらうこと。

 

②「日本人宿や、その付近でお仕事をしている日本人の方を探す」

今回、僕はシェムリアップ在住の日本人の方に非常にお世話になったのですが、その土地のことを僕らよりも詳しく知っています。「カンボジアの警察が簡単に動いてくれないこと」を教えてもらい、「事件に遭ったレストラン」を一緒に探してくれたのも、日本人の方たちでした。とにかく、100%のコミュニケーションが取れる日本人の方を探し、助けてもらいましょう!

 

③「ツーリストポリスへ行き被害届をもらう」

最終的に、例え犯人が捕まらなくても、事前に保険に入っていて被害届を受け取れば、被害額は返ってきます。「どうすればいいんだろう…」で止まるのではなく、必ず被害届をその国で受け取ってから出国しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?実際に被害に遭った僕の口から説明する「しくじり談」。外国の噂は、「やれ強盗にあっただの」「やれ詐欺にあっただの」と悪いものばかり広まりますが、海外は決して怖い場所ではありません!ただ、最善の注意を払ってください。

幸い僕は、パスポートもクレジットカードも盗まれていなかったので、旅を続けることが出来ます。そして何より、「命があったこと」これが非常に大きいかなと思います。僕は、「すべての出来事に意味がある」と思うタイプの人間なので、今回の睡眠強盗にも意味があるのだと感じます。

海外で見知らぬ外国人とお酒を交わすときは、この記事を思い出してください!

関連記事リンク(外部サイト)

プロが教える「エコノミークラス症候群」を防ぐ4つの予防策
タイでトラブルに巻き込まれないために、知っておくべき4つのこと
パスポートを紛失・盗難した時の対処法
全部本当の話。インドのぼったくりを撃退した5つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP