体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カンボジアで「睡眠強盗」にあったので、その対処法をお教えします!

生活・趣味
カンボジアで「睡眠強盗」にあったので、その対処法をお教えします!

こんにちは!現在世界一周7カ国目インドにいる、KEIです。リアルタイムな世界一周はブログInstagramで更新中です!

 

「トラブルはトラベルのスパイス」という言葉もありますが、やはり旅にトラブルは付き物です!どんなに気をつけていても、トラブルは起きてしまうもの…実は、先日カンボジア・シェムリアップで「睡眠強盗」に遭いました。「えぇ!?睡眠強盗!?」と驚いた皆さん、ご安心ください。

この記事を事前に読んでおけば、トラブル解決の近道になること間違い無しです。(僕は無知だったので大変でした)題して、「俺みたいになるな!〜海外で睡眠強盗にあった僕が教える対処法としくじり談」です!

 

そもそも「睡眠強盗」とは?

yeager-331510_1920

photo by pixabay

「睡眠強盗」という言葉は日本にいたら、あまり聞かない単語ですね。ずばり睡眠強盗とは、睡眠薬を盛り眠らせ、荷物や現金を盗んでいくという手口です!

その方法も多種多様で、寝台列車でトイレに行っているうちに飲み物に睡眠薬を混入するものや、僕のように飲み物に睡眠薬をこっそり入れられている場合もあります。そして、相手が眠っているうちに金銭や荷物を盗んでいく。被害者としては、悔やんでも悔やみきれないとんでもない強盗です!

 

僕が実際に被害に遭った話

FullSizeRender 24

photo by Kazuki Kiyosawa
※これは実際の写真です。(左から順に、友人、顔を隠したがる自称イラン人、僕)

それは、カンボジア・シェムリアップに滞在していた夜のこと。かなり気前のいい自称イラン人の男性に会いました。それまでの旅で大きなトラブルもなかったので「まぁ旅は、人の出会いだしねぇー!」なんて軽いノリで一緒に飲みに行くことに。

その男は、「俺は今ハッピーなんだ!全部ご馳走してやる!」と上機嫌でした。そして、何杯かビールを乾杯し…気がつくと、どこかも分からないホステルにいました。状況も読めないまま僕は友人を起こし、ホテルを飛び出しました!すると、宿代を請求され、お金を確認すると僕は持ち金を全部・友人は財布を丸ごと無くなっていました。

そしてここでようやく理解しました。「睡眠強盗」にあったんだなと。

 

二日酔いの感じもないし、記憶がブチッと途絶えている。それは、まるで映っているテレビのコンセントを突然ブチ抜いたかのような感覚でした。奇跡的に、僕は現金(日本円で2万円)だけ抜かれていて、クレジットカードやパスポートは無事でした。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会