ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファンタジー世界! スイスの奥地にある「童話の舞台となった美しい村グアルダ」が凄い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絵本作家アロイスカリジェが描いた童話『ウルスリのすず』をご存じですか? アルプスの山奥で暮らすウルスリ少年の冒険物語は、世界各地、もちろん日本でも絵本で親しまれ、また映画化もされました。名作の舞台になったスイス・グアルダ(Guarda)に並ぶ建築の外壁に…あれ? 動物みっけ!

・童話『ウルスリのすず』の舞台グアルダへ
オーストリアのドナウ川へと続く、スイス南東部を流れるイン川。両岸にはアルプスの山並みのほか、澄んだ湖や牛が草をはむ広原が見られます。エンガディン地方と呼ばれるこのエリアには、今もひっそりとスイスの原風景が残ります。

エンガディン地方のなかでも、ひときわ美しいのがグアルダ。絵本作家アロイス・カリジェもこの村を愛した一人で、世界中で翻訳されている名作『ウルスリのすず』の舞台になりました。



・スイスの奥地にあります
絵本作家が魅了されたグアルダには、いったいどんな風景が広がっているのでしょうか。交通手段は鉄道だけ、またリクエストストップの駅のため、バスのように“STOP”ボタンを押さなければ停車しません。この“秘境”感にも旅情をかきたてられます。

駅に降り立つと目の前に停まっているポストバスに乗れば、村の中心までは10分足らずで到着。歩くとすれば上り坂なので、おそらく30分はかかってしまいます。さて中心部に着くと、さっそくエンガディン地方伝統の装飾画「スグラフィッティ」がほどこされた建築がお出迎え。



・エンガディン地方で古くから継がれてきた装飾画
スグラフィッティとは、色の違う漆喰を何層か塗った壁の表面を、金属で搔きおとして線画を描く装飾方法のこと。エンガディン地方独自の技法であり、抽象的な幾何学模様から花、言葉までモチーフはさまざま。

1時間あれば一周できてしまう、ごく小さなグアルダはまさにスグラフィットの宝庫。ほとんどの建物にスグラフィットが施されており、なかにはたいへん精巧に描かれた動物の姿も……



・石畳の道が続くグアルダを、のんびり散策してみて
こんな緻密な装飾画も、近寄ってみればたしかに“ひっかき傷”。人の手が生み出した芸術に、うっとりため息がこぼれます。

ハイキングやサイクリング中の人も思わず立ち止まる、スグラフィッティが織りなす空間。村全体が美術館のようなグアルダへ足を運んでみませんか?

もっと詳しく読む: まさにファンタジー世界! 童話の舞台となった美しい村グアルダ(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/09/21/animal-sgra-guarda/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP