体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピースボート乗船者8人に聞いた!地球一周のルートと期間は?

地球一周の船旅ができるピースボート。気にはなるけど、実際乗るとなると不安だし、あまりいい印象を聞いたことがない人もいるのではないのでしょうか?

そこでピースボート乗船者の私が、実際に船に乗ったことのある8人から生の声を聞いてきました。

 

ピースボートは毎年3回ほど船が出ており、クルーズによって訪れる国や都市、日数が異なってきます。まずはどのようなルートで回ったか、どのくらいの期間を過ごしたのかを紹介していきたいと思います。

 

中南米・カリブ海・地中海クルーズ、18寄港地を巡る86日間の東回りルート/黒田 由希子

yukko

タヒチ(パペーテ)→ペルー(カヤオ)→パナマ(クリストバル)→コロンビア(カルタヘナ)→トリニダード・トバゴ(ポート・オブ・スペイン)→カナリア諸島(ラスパルマス)→モロッコ(カサブランカ)→スペイン(マラガ)→イタリア(ナポリ)→ギリシャ(ピレウス)→ギリシャ(ミコノス島)→トルコ(クサダシ)→エジプト(ポートサイド)→インド(コーチン)→シンガポール→マレーシア(コタキナバル)→フィリピン(マニラ)

 

冬の寒い日本を出発し、南太平洋のタヒチから始まり、フィリピンで終わる普段とは違う逆回りのルートでした。

予定になく急遽行ったサウジアラビやエジプト。当時アラブの春が起こっていて、革命の話などを聞けたのが印象的でした。また、ギリシャで観光客が行かないような丘から見た夕焼けと夜景が最高だった。

 

地中海と中米、19寄港地を巡る80日間の西回りルート/木村 紗奈江(RORO)

RORO

横浜→中国(厦門)→シンガポール→インド(コーチン)→スエズ運河通航→エジプト(ポートサイド)→トルコ(クシャダス)→ ギリシャ(ピレウス)→クロアチア(ドブロブニク)→イタリア(バーリ)→チュニジア(チュニス)→フランス(マルセイユ)→ スペイン(バルセロナ)→モロッコ(カサブランカ)→カナリア諸島(ラスパルマス)→バルバドス(ブリッジタウン)→ベネズエラ(ラグアイラ)→パナマ運河通航→パナマ(バルボア)→グアテマラ(プエルトケツァル)→一時下船し、バスと飛行機で移動→メキシコ(マンサニージョ)→ メキシコ(エンセナーダ)→横浜

 

春出発クルーズで、赤道付近を回る航路でした。4月出発で7月帰国予定だったので、比較的どこも過ごしやすい気候でした。見所はアドリア海の真珠と呼ばれている、クロアチアのドブロヴニクでした。

 

楽しみにしていたクロアチアはとても素敵で、あの綺麗な絶景を見てしまったら誰でも虜になると思います。 街並みも人もおしゃれで、食べ物もとても美味しかったのを覚えています。

 

ヨーロッパを列車移動、19寄港地を巡る80日間の西回りルート/今野 亮

imatch

横浜→中国(厦門)→シンガポール→インド(コーチン)→スエズ運河通航→エジプト(ポートサイド)→トルコ(クシャダス)→ ギリシャ(ピレウス)→クロアチア(ドブロブニク)→一時下船しヨーロッパを列車で旅→イタリア(バーリ)→チュニジア(チュニス)→フランス(マルセイユ)→ スペイン(バルセロナ)→モロッコ(カサブランカ)→カナリア諸島(ラスパルマス)→バルバドス(ブリッジタウン)→ベネズエラ(ラグアイラ)→パナマ運河通航→パナマ(バルボア)→オプショナルツアーでジャマイカ→パナマ→エルサルバドル→ メキシコ(エンセナーダ)→横浜

 

ピースボートは離脱と呼ばれる、一時下船をすることが可能なので、それを利用してヨーロッパを列車で旅しました。またオプショナルツアーに申し込み、通常ルートではない寄港地に訪れたりもしました。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会