ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やきもの産地・波佐見に「大日本市博覧会」がやってくる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハッピータウン波佐見祭りと同時開催

2016年9月22日(木・祝)から25日(日)までの4日間、長崎県波佐見町の「旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂」にて「大日本市博覧会 第三回 長崎博覧会」が開催されます。

本イベントは奈良の老舗でありライフスタイルブランドとして人気の中川政七商店が300周年を迎えることを記念し、全国5地域からものづくりの魅力を発信していく大日本市博覧会の1つ。第一回の東京、第二回の岩手に続き、第三回として今回は長崎のやきもの産地・波佐見町を舞台に開催されます。

会期中は、地元の陶磁器会社マルヒロが中心となって行われる「ハッピータウン波佐見祭り」と同時開催され、やきものなど地域の産業に触れることができる様々なイベントが用意されています。

メイン会場の公会堂は、国の有形文化遺産にも指定されている歴史的な建物。会場内には巨大やぐらが登場し、地域の工房の「蔵出し市」や九州ブランド・クリエイターが参加する「thougt × 九州のものマーケット」などでお買い物が楽しめます。お仕事体験ワークショップや波佐見焼のうつわで提供される地元グルメのブースも出店。様々な角度から九州のものづくりを知ることができます。

さらに、踊り手が皿を打ち鳴らしながら踊る伝統の「皿踊り」、波佐見焼を代表する器・コンプラ瓶を使った「コンプラ灯篭プロジェクト」、中川政七商店代表・中川淳氏、HASAMIブランドマネジャー・馬場匡平氏、伝統技術ディレクター・立川裕大氏の3名によるトークイベントなど見所がたっぷり。観光も兼ねて気軽に楽しむことができます。

会期中は近隣のやきもの産地である佐賀県有田町、武雄市、嬉野市でも地域イベントを開催しているので、周遊バスで産地巡りをするのもおすすめです。秋の連休、まだ予定が決まっていないと言う方は温泉(はさみ温泉と嬉野温泉が近いですよ)とやきものを堪能する旅はいかがでしょうか?

大日本市博覧会 第三回「長崎博覧会」

会期:2016年9月22日(木・祝)~25日(日) 10:00~17:00

会場:旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂/長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷22

入場料:大人500円、高校以下無料

コンテンツ:

長崎博覧会限定「蔵出し市」+ 300周年限定商品販売など

郷土玩具のガチャガチャ「日本全国まめ郷土玩具蒐集」

時間限定即売会 堀田さんの国産カーペット蔵出し市(24日)

世界チャンピオンがやってくる!モノポリー大会(24日)

トーク:

中川政七商店 十三代 中川淳経営セミナー「マルヒロ躍進の裏側」(23日)

立川裕大 × 馬場匡平 × 中川淳「産業観光の未来」(25日)

展示:

松岡正剛が所長を務める編集工学研究所監修「工芸クロニクル」

同時開催:ハッピータウン波佐見祭り/www.hasamiyaki.jp/matsuri

詳細:http://www.yu-nakagawa.co.jp/p/hakurankai_nagasaki

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

アルフレックス東京がリニューアル! 蔦屋書店などとコラボし暮らしを体感する空間へ
ディズニーと日本の伝統工芸!「大人ディズニー」なホームスタイルコレクション展、開催
過去最大規模! 50店舗以上のアッンティークショップが集まる 「第10回 湘南 蚤の市」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP