ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルフレックス東京がリニューアル! 蔦屋書店などとコラボし暮らしを体感する空間へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
arflex-tokyo_renewalopen_01

2016年9月3日(土)、東京・恵比寿のアルフレックス東京リニューアルグランドオープンしました。

モダンファニチャーブランド・arflex(アルフレックス)の直営店であるアルフレックス東京が現在店舗を構えている恵比寿に移転し、約20年を迎えました。今回のリニューアルのテーマは「A New Lifestyle Experience 暮らしを体感する空間へ」。従来通りリアリティあるモデルルーム型のショールームスペースのほか、キッチン、ギャラリー、ライブラリーなど、さまざまなコラボレーションも展開しながら魅せる6つの空間が広がります。

リニューアルオープンに合わせて、アルフレックス初となる照明器具「LIGHT CONE(ライトコーン)」もお目見え。太陽光に限りなく近い光を実現する紫色LEDを光源に用いた照明で、このライトコーンの他、アルフレックス東京ではすべての照明で紫色LEDが用いられています。

フル紫色LEDの空間は美術館などで前例がありますが、インテリアショップとしては画期的な試み。ファブリックやカーテンなどのチョイスの際により自然な色味を確認することができます。

見どころも見やすさもグレードアップした新・アルフレックス東京。展示やイベントも開催される予定です。ぜひ足をお運びください。

arflex-tokyo_renewalopen_041

arflex-tokyo_renewalopen_02 明るく開放的な雰囲気となった店内。

arflex-tokyo_renewalopen_05 定期的に個展などが開催されるアートギャラリースペース。テーマ性ある展示や作家展が行われ、アートのある生活が提案されます。

arflex-tokyo_renewalopen_06 イタリア・Dada社の最新キッチンが取り入れられたキッチンスタジオ。料理教室やワークショップを開催予定。

arflex-tokyo_renewalopen_09 蔦屋書店とコラボレートし、デザイン・建築・インテリア・食など幅広いテーマで700冊以上の書籍がセレクトされたライブラリースペース。自由に閲覧してインテリアの参考にすることができます。

arflex-tokyo_renewalopen_08

arflex-tokyo_renewalopen_03 多趣味な夫婦のセカンドハウスをコンセプトにトータルコーディネートされたモデルルーム空間。クローゼットはビームスデザイン(BEAMSdesign)がコーディネート。

arflex-tokyo_renewalopen_07 カスタムメイド品のオーダーやコーディネート相談、メンテナンス、リペアまで、インテリアの相談に対応するコンサルティングデスク。

arflex-tokyo_009 40名着席可能なプレゼンテーションスペース。トークイベントやセミナー、ワークショップなど体感型の企画が展開される予定。

アルフレックス東京

住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクェア1F

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜日

イベント:

▽トークイベント vol.2 Art「コンテンポラリーアートの楽しみ方」

作品や作家を紹介しながら、シーンごとに空間とアートの関係を解説。

日時:2016年9月17日(土) 17:30~

ゲスト: 児玉公義氏(児玉画廊オーナー)

▽トークイベント vol.3 Kitchen「普段着のもてなし」

実際のメニューをお試しいただいたり、インテリアとの関わりに触れながら、楽しく進行。

日時:2016年9月24日(土) 17:30~

ゲスト:松田美智子氏(料理研究家)

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

やきもの産地・波佐見に「大日本市博覧会」がやってくる!
ディズニーと日本の伝統工芸!「大人ディズニー」なホームスタイルコレクション展、開催
過去最大規模! 50店舗以上のアッンティークショップが集まる 「第10回 湘南 蚤の市」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。