体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“フェス新時代へ”あらゆる面で進化を遂げた 「ULTRA JAPAN 2016」が延べ12万人を動員

エンタメ
“フェス新時代へ”あらゆる面で進化を遂げた 「ULTRA JAPAN 2016」が延べ12万人を動員

都市型ダンスミュージックフェスティバル「ULTRA JAPAN 2016」が、2016年9月17日、18日、19日、東京・お台場特設会場にて開催され、3日間で合計12万人の観客を動員した。

今年で開催3年目を迎える「ULTRA JAPAN」だが、日本初上陸時から現在のダンスミュージック・ブームを牽引フェスとして絶大な支持を集めて続けており、今年は初年度の延べ4万2000人の約2.8倍となる12万人の観客動員を実現した。

運営事務局の発表によれば、20〜29歳の来場者が全体の74%、30歳〜39歳が22%を占め、男女比では女性が全体の56%を占める(2015年実績)。女性率がやや高めなのは、ファッションやトレンドに敏感な人々が集結するフェスとしても話題性が高いという点も大きい。

来場者の移動、宿泊、飲食、コスチュームなども含めた「ULTRA JAPAN 2016」の推定経済波及効果は、約139億円にのぼると発表している。

「ULTRA JAPAN 2016」には、リオ五輪の閉会式でパフォーマンスを務めたKygo、『DJ MAG』誌の世界DJランキングで2年連続1位を獲得しているHardwell、日本のダンスミュージックシーンを先導し続ける石野卓球からBanvoxら若手まで、総勢70組以上のアーティストが出演した。

幕開けの第1日目は、オープニングからフィナーレまで晴天に恵まれた。場内には、3つのステージやフードブースに加え、芝生や椅子でくつろげるゾーンもあり“ダンスorチル”と、そのときどきのテンションにあわせて過ごすことが可能だ。コスメやアパレルなど複数の企業ブースもSNS映えする撮影ロケーションを設置するなど、フェス空間を盛り上げる工夫をこらし、常時賑わいをみせていた。

昨年から加わったRESISTANCESステージでは、コアでディープな音好きを唸らすDJたちがラインナップされ、NIC FANCIULLLI、NICOLE MOUDABERらが出演した。

今年のULTRA JAPAN、第1日目の最大のトピックを挙げると、場内最大のULTRA MAIN STAGEにおいても、異なるサウンドスタイルを持つ世界のトップDJたちが例年以上にラインナップされていた点だ。

欧米ではダンスミュージック・シーンの進化に伴い、ゆったりとしたBPMのトロピカルハウスや、ヒップホップと融合したトラップ/トワークといったサブジャンルのメインストリーム化が加速している。

初日のULTRA MAIN STGEでは、ギターの生演奏とともにムーディなサウンドを響かせたZHUのライブに、トロピカルハウスの第一人者Kygoの心地よいDJプレイ。

そして、ベースミュージックや欧米チャートで台風の目となっている自身のヒットチューンで満員のオーディエンスを沸かせたDJ SNAKEから、ネズミの被り物で知られるDeadmau5の硬派なプレイへと至る流れは、現在のダンスミュージックシーンの熱量の高さと音の豊かさを存分に伝えるものだった。

<Day 2>

続く2日目。オーディエンスの勢いはとどまることを知らず。ULTRA PARK STAGEでは相変わらずジャンルを問わず心地よいサウンドが奏でられていたが、この日は早くからRESISTANCE”大喝采。初日同様、序盤はSEKITOVAやOSAMU Mら日本人DJが気を吐くなか、午後にはSHINICHI OSAWAがステージへ。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会