体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋冬向けの新ブレンド登場!ホットアイテム「アサヒ あったまる十六茶」と「なだ万監修 旨みの日本茶 玉露仕立て」発売

秋冬向けのホットアイテム「アサヒ あったまる十六茶」は9月20日より、「なだ万監修 旨みの日本茶 玉露仕立て」は9月20日から3月末まで期間限定で登場。

 


ホット専用の健康十六素材を使った「アサヒ あったまる十六茶」は東洋健康思想に基づいたカフェインゼロの健康ブレンド茶。今回、新たにブレンドされた霊芝やミカンの皮といった温素材により、ホット専用に甘香ばしい味わいが加わった。350mlと275mlの容器が用意される。

 


1830年創業の老舗料亭・なだ万が監修した「なだ万監修 旨みの日本茶」が2016年4月に発売され好評を博し、今回「なだ万監修 旨みの日本茶 玉露仕立て」がホットでもコールドでも楽しめるようになって登場。粉末玉露と焙煎茶葉が採用され、濃い旨みと香りを際立たせた味わいが楽しめる。今後も、なだ万とアサ飲料のコラボにより、緑茶市場に積極的に商品を投入するという。

十六茶は健康的な水分補給、明るく元気というコンセプトで12年前に発売が開始され、2016年2月にリニューアルし、6種類の健康素材入りだからこそできるすっきりゴクゴク飲める健康茶をアピールしてきた。CMで人気タレントを起用することで認知度は上がり、市場ではなくてはならない存在感に成長。

ブレンドという無限の可能性を秘めているため進化が止まることはなく、今回のホット専用の味わいも楽しみだ。一方、老舗料亭・なだ万が監修と聞くと期待度大で、今回採用された粉末玉露と焙煎茶葉のブレンドもぜひ味わってみたい。

アサヒ飲料
http://www.asahiinryo.co.jp

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会