ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

T-BOLAN、一夜限りのカウントダウンライブ開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在活動休止中のT-BOLANが、2016年12月31日にカウントダウンライブを開催することが発表された。

「置き去りにするしかなかったステージに4人でもう一度立とう。だからこそT-BOLANにとって意味のある場所でそのライブを共有したかった。始まりの場所と、あの日時を止めた2つの場所でT-BOLANとして今この2カ所にたどり着きます。」と、2014年3月8日 大阪・オリックス劇場、3月21日 東京・渋谷公会堂のT-BOLAN復活ライブ直前に、ヴォーカルの森友嵐士はこう語り、19年ぶりの単独ライブは行われた。しかし、後日行われた同年4月26日の追加公演を持って、T-BOLANは再び活動休止に。「何かある時まで、T-BOLANが活動することはない…。」解散ではなく、4人がピリオドを打った日だった。

しかし、2016年12月31日の大晦日に、森友嵐士、青木和義、五味孝氏、そして上野博文が、再結集する意思を固めたのだ。それは、T-BOLANのデビュー25周年という理由ではなく、ベースの上野博文のために集まることを決めた。

また、ベース上野博文への応援メッセージフォームをT-BOLANのオフィシャルサイト内に設置。本フォーム立ち上げの経緯も別紙の森友のコメントにあるように、あくまで上野のリハビリへの応援という主旨となっている。

森友嵐士コメント
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、T-BOLANとしては、これが初めての発表になります。2015年3月、T-BOLANベーシスト上野博文が、クモ膜下出血の為、緊急入院いたしました。長い期間寝たきりの状態でしたが、病院の方々、そして何よりご家族の手厚い看護によって奇跡的に意識を回復させることができ、現在、社会復帰のためのリハビリと向き合っている状況です。

僕たちミュージシャンにとって、生きる意味や生き甲斐として、ステージはとても大きな存在です。意識回復を皆が願い、看病の日々、彼の耳元には、ライブ音源が流れない日はありませんでした。奇跡的な回復を遂げ、今年年明けに退院、そして2月にはメンバー全員が集合し、退院祝いをかねた会食会を実現するまでに回復してきました。

当初、今回のタイミングでのT-BOLANライブの予定はありませんでしたが、上野のリハビリへの何よりの力になればとメンバー一同、今回ライブ企画を立ち上げさせてもらいました。12/31を目標に、皆様方のサポートの中、彼の挑戦ははじまっています。復活を願い、何より生きる目的に向かって、最後の奇跡を引き寄せるために。どうぞ、皆様応援の程よろしくお願いいたします。
森友嵐士

ライブ情報
「T-BOLAN 一夜限りのカウントダウンLIVE」
2016年12月31日(土)開場 21:30 / 開演 22:30
会場:東京 豊洲PIT      
チケット一般発売日:2016年11月12日(土)
チケット料金:
・プレミアムシート25,000円(税込)
※プレミアムシートの詳細は決定次第T-BOLANのホームページ等でお知らせ
・指定席10,000円(税込)
・立見6,000円(税込)※入場整理番号あり
・中学生以下3,500円(税込)※中学生以下は指定席、立見のみで販売。入場時に身分証確認あり。(プレミアムシートでの販売は無し)
※いずれの席種もドリンク代別途必要
※3歳以下無料(但し、1名まで膝上可。席が必要な場合は要チケット)/4歳以上有料
※チケット券面には「管理番号・バーコード」のみ記載(入場時に座席番号を案内)
※深夜公演となりますので18歳未満の方は保護者同伴、もしくは保護者の同意書が必要です。また、来場時と帰宅時に保護者の引率が必要になります。
【森友嵐士ファンクラブ先行予約】
9月21日(水)10:00より受付開始
https://arashi.fanmo.jp/
【T-BOLANオフィシャル先行予約】
受付期間:9月27日(火)10:00~10月3日(月)23:59まで
https://l-tike.com/st1/hp-tbolan/
【チケット先行予約】
BGS先行受付:受付期間:9月29日(木)12:00~10月3日(月)23:59まで
Musing受付:受付期間:10月5日(水)12:00~10月11日(火)23:59まで

関連リンク

T-BOLANオフィシャルサイトhttp://www.beinggiza.com/zain/t-bolan/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。