体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元カヤック 佐藤ねじ「辞め方のブルーパドル」とは

f:id:kensukesuzuki:20160920122142p:plain

面と向ってだと、言えない・聞けないこともある。

だったら面と向かわずにインタビューしてみてはどうだろうか?

好きな人に対面で告白はできないけど、メールなら告白できる現代人ならではの背中越しのインタビュー。

今回は2016年7月にカヤックを卒業した佐藤ねじさんに「会社を辞めるということ」について聞いてみた。(聞き手:ハブチン / 写真左)

佐藤ねじがカヤックを辞めた理由

羽渕:ねじさん、独立おめでとうございます!

今回は面白法人カヤックを辞めて、ブルーパドル社を設立した経緯をお伺いしたいのですが、「面と向ってだと、言えないこともある」と思うので背中同士でインタビューさせてください。

佐藤:はい、わかりました。(背中越しに座ってみて)あーこれ楽ですね。

f:id:kensukesuzuki:20160920102259j:plain

羽渕:楽ですか。

佐藤:演劇の独白シーンみたいですね。演劇って舞台の上手と下手に離れて独白のようにしゃべる手法があるんです。相手を意識しないで話せそうです。

羽渕:僕も面と向かっては言えない質問をさせてもらうかもしれません。早速なんですが、ねじさんは何で会社を辞めたんですか?カヤックにいた方がおもしろくて大きな仕事があったはずなのに。

佐藤:いきなり面と向かって話せないところですね。端的に言うと、カヤックでは受けられないもっと小さな案件とかあまりビジネスっぽくない事とかをしたかったからです。

羽渕:小さな案件ですか?逆に大きな案件を手掛けてみたい人のほうが多いと思うのですが?

佐藤:たとえばオリンピックの閉会式とかですよね。確かに周りのクリエイターの傾向としては、よりそこに近づこうとする傾向はあります。perfume的なアーティストのライブをやるぞみたいな。

羽渕:そこはperfume的なやつやりたいでしょう?

佐藤:そこは役割分担なので、他の誰かにお任せして、自分が出来ることを考えたいですね。

羽渕:2020年に東京オリンピックがありますよ?

佐藤:そのときは逆に他の地域や地方を良くすることを手伝った方がいいかなと。今の立場で身の丈に合ったものを理解してやっていきたいなと思いますね。

羽渕:ねじさんは、メジャーへの憧れとか無いんですか?というのも、僕はメジャーへの憧れがあった側の人間なんです。

佐藤:メジャーへの憧れですか?

羽渕:僕は名前が「羽渕(はぶち)」という割とマイナーな苗字のため、電話で「田渕」「田口」とかよく間違えられるんです。ひどいと「羽柴(はしば)さん」って間違えられることもあって。それ「は」しか合ってないじゃん!って。わざとやろ!って思いました笑

f:id:kensukesuzuki:20160920102325j:plain

佐藤:

羽渕:ちなみに妹は結婚して「田中」と「石川」というメジャーな苗字に昇格しました。僕は一生マイナーな「羽渕」として生きていく運命なので、メジャーへの憧れはありましたね。メジャーな東京にいきたいとか、メジャーな会社で仕事したいとかね。

佐藤:そういう意味ではカヤックでは割とメジャーな仕事が多かったですね。有名な商品やキャラクターもののお仕事など。でも、色々やってきて振り返った時に「特に良かったなぁ」と思えるものって、大体メジャーではないものだったんですよね。

羽渕:商品力やコンテンツ力があると、クリエイティブの力は見えづらいかもしれませんね。ねじさん的にどういう作品がおもしろかったんですか?

佐藤:ハイブリッド黒板アプリ 「Kocri(コクリ)」とかですね。クライアントも決定権がある人がすぐ上にいて、一個のチームみたいになっていました。柔軟性も安定性もあって、理想的なチームなんですよね。

羽渕:小回りはききますよね。

佐藤:「アイデア」というのは弱々しい部分があって。企画書の中では説明しきれない感じのようなところに面白さがあったりする。そういうものはメジャーな案件で実現していくのは難しいというのはあります。

羽渕:見たこともないものを説明するのは難しいですよね。

佐藤:説明しきれない感じのことをやるためには、一回自分たち側のスケールをミニマムにして失敗しやすい環境にしようかなと思ったんです。

羽渕:なるほど。

佐藤:あとは単純に、デジタルクリエイティブじゃないところをやってみたいというのはありますよね。

羽渕:あぁわかります。僕も銭湯のコンセプトを考える案件を手掛けているのですが、おもしろいです。

佐藤:大手企業の広告とかに当てられているクリエイティブの手法を、全然違うところに当てはめられるんじゃないかなと思います。今、知り合いの NPOをお手伝いしていますが、そこにバズるメソッドを適用することで資金とかが集まるのではないかと思います。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。