体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Sweets Bar モンブランなお酒/サヴァランなお酒』女子のハートを撃ち抜く、まるで飲むケーキ!?

cr7_5410

洋酒の利いたケーキが大人っぽく高級感あふれる美味しさなのはご存知の通り。なんとこの『Sweets Bar モンブランなお酒/サヴァランなお酒』は、その名の通りケーキの味わいがお酒になってしまった、まさに飲むケーキのような味わいだ。

 

ケーキ界の二大定番の味わいがリキュールに。これぞまごう事なきデザート酒!

cr7_5287
マロンクリームがデコレーションされたその天辺にマロングラッセをちょこんと乗せて、スイーツファンを魅了するのがモンブラン。定番中の定番だ。一方、ちょっとレトロな雰囲気の佇まいで、ブリオッシュ生地に洋酒を染み込ませた洋酒風味のスイーツとして名高いのがサヴァラン(サバラン)。近年再注目を浴びていて人気だ。

 

その二つの味わいがリキュールになったのが、オエノングループの合同酒精株式会社(東京都中央区)による『Sweets Bar モンブランなお酒/サヴァランなお酒』(175mlびん・希望小売価格 税抜370円・2016年9月13日発売)。パッケージに映っているケーキの味わいが見事にお酒となった製品。

 

『Sweets Bar モンブランなお酒』

cr7_5300
芳醇なブランデーの香りとともに、マロングラッセを溶かし込んだようなモンブランの味わいに驚かされる『Sweets Bar モンブランなお酒』。

cr7_5355

ロックで味わえば、口の中いっぱいに広がるモンブランの香りと味。ふわりとした香りとともに広がる甘味は、まさに至福のひと時を演出するデザート酒。水割りにすると爽やかさが加わるので、食中酒にも活用できる。

cr7_5378

 

 

『Sweets Bar サヴァランなお酒』

cr7_5297
しっとりとした生地からにじみ出すラム酒の印象で、大人のケーキとして名高いサヴァランを再現したのがこの『Sweets Bar サヴァランなお酒』。洋酒の利いたケーキの味わいになっているのが、何とも楽しいところ。香ばしい風味とともに甘味が広がる、これまたデザート酒。

cr7_5382
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。