ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Assistant、プレビュー版では日本語を「勉強中(非サポート)」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先程、Google の新しいメッセージアプリ「Allo」がリリースされたので早速使ってみたのですが、注目の Google Assitant は日本語に非対応であることが分かりました。Allo はハングアウトのように一対一、またはグループで会話することができるチャットアプリで、利用を開始するには電話番号での確認が必要です。Allo の特徴は Google Assistant なのですが、現在はプレビュー版として実装されており、プレビュー版では日本語を勉強中とのことです。全く使えないのかというとそうではなく、AI 機能の代わりに Google 検索を提供しています。動画や天気など、特定の単語を送信すると、ウェブ検索や YouTube 検索の結果を提示します。現時点で日本語に対応していないことを考えると、10 月 4 日に正式に発表される「Google Home」が来月に発売されたとしても、海外と同時に国内でも発売される可能性は低そうです。

■関連記事
Samsung、Galaxy Cシリーズの新モデル「Galaxy C9」を開発中、6インチファブレット
シャープ、RoBoHoNとオリジナルデザインのAndroidスマートフォンをセットにした「ロボホンスマホセット」を9月27日に100セット限定で発売
LG、デザインを刷新したポケットフォトの新モデル「PD269」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP