ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

島根で探した女子会にぴったりな温泉。日帰り&お泊まりもできる温泉20選!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
島根で探した女子会にぴったりな温泉。日帰り&お泊まりもできる温泉20選! 島根

良質な泉質の温泉が60箇所以上も湧き出る島根県。

「日本三美人の湯」湯の川温泉をはじめとする、美肌成分たっぷりの美人の湯が数多くある。

美肌県ランキング一位と言われている島根の温泉を思いっきり堪能しよう!

女子だけで気兼ねなく楽しめる、島根の温泉女子会の旅。あなたならどこに行く?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

玉造温泉

玉造温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32306cd2110078292/photo/

松江市の西南約8km,三方を山に囲まれた温泉で,宍道湖に注ぐ玉湯川に沿って旅館が軒をつらねている。近代的なホテルのほか,白木造りの純和風旅館もあり,ツツジを眺めながら,庭の中の露天風呂にゆっくりつかれる宿もある。各旅館は味に力を入れており,コイの姿造り,松葉ガニ,モロゲエビ,スズキなどが名物料理。温泉の東部にある標高199mの花仙山を中心とする丘陵には,良質の青めのうが産出し,現在は,青めのうを主体としてみやげものになっている。

\口コミ ピックアップ/

旅館で好きな柄の浴衣を借りて、提灯を提げ、散策に出かけたら、とても幸せな気分になれます。立ち止まって写真を撮ったら良いスポットには、カメラの置き台もありますよ。 玉造温泉

住所/島根県松江市玉湯町玉造,湯町

TEL/0852-62-3300

「玉造温泉」の詳細はこちら

松江しんじ湖温泉

松江しんじ湖温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32201cd2110076955/photo/

泉温77度の効能豊富な天然温泉。宍道湖や日本海の魚介類を旅館やホテルで味わうことが出来る。旅館,ホテルは宍道湖北岸にならぶ。宍道湖の眺望はすばらしく,湖上に浮かぶ嫁ヶ島,秀峰大山をはじめ中国山脈の山並みを背景にした四季の移り変わりが味わえる。特に朝夕の眺めが抜群。温泉街には一畑電鉄松江しんじ湖温泉駅のターミナルがあり大社,出雲市方面や市内観光地へのアクセスに大変便利。

\口コミ ピックアップ/

松江しんじ湖温泉は、町中に近い場所にある温泉です。街をぶらっとして温泉に入ることができます。宍道湖の夕日が綺麗です。 松江しんじ湖温泉

住所/島根県松江市千鳥町

TEL/0852-21-7889

「松江しんじ湖温泉」の詳細はこちら

温泉津温泉

温泉津温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32421cd2110077265/photo/

\口コミ ピックアップ/

昭和のままで時が止まってしまったかのような雰囲気で、いい意味で寂れた温泉街でしたがその雰囲気が私は好きなのですごく楽しめました。 温泉津温泉

住所/島根県大田市温泉津町温泉津

TEL/0855-65-2065

「温泉津温泉」の詳細はこちら

美又温泉

美又温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32462cd2110078345/photo/

元治元年に発見され栄枯の歴史を持つ江の川の支流である美又川沿いの温泉。肌になめらかな泉質で美人湯として名高く湯治効果でも評判。美又川のほとりに8軒の旅館があり山海の珍味が楽しめる。世界遺産登録された「石見銀山」まで、車で1時間30分。

\口コミ ピックアップ/

美又温泉に立ち寄り湯してきました。温泉街はレトロな雰囲気で、とても雰囲気が良かったです。国民保養センターを利用しました。源泉かけ流しで浸かったあと体がヌルヌルし、お肌に良さそうなお湯でした。このヌルヌル感が美又温泉独特の泉質のようです。 美又温泉

住所/島根県浜田市金城町追原

TEL/0855-42-1233

「美又温泉」の詳細はこちら

玉造温泉ゆ~ゆ

玉造温泉ゆ~ゆ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32306cc3360048333/photo/

楽しさとくつろぎと快適がゆったりと繰り広げられるコミュニケーションスペースです。

\口コミ ピックアップ/

玉造温泉街にある日帰り温泉施設です。松江市内にはいくつかの日帰り温泉がありますが、最も行きやすい場所にあると思います。建物が凝った構造になってます。お湯もいいと評判の玉造温泉なので、近くにきたら行ってみてはと思います。 玉造温泉ゆ~ゆ

住所/島根県松江市玉造255

TEL/0852-62-1000

「玉造温泉ゆ~ゆ」の詳細はこちら

温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯

温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000177961/photo/

明治5年の浜田地震で湧き『震湯』と呼ばれる

日本温泉協会公認の5星の天然温泉。薬効豊かなかけ流し湯で源泉は施設の後ろにある。湯の華が湯質の良さを物語る。原爆治療にも活用された湯は生活習慣病、リウマチや関節炎、皮膚病等まさに万病に効果があると口コミの利用者や常連客が多い。レトロ調の建物は併設の震湯ギャラリーと共に温泉街のシンボル。

\口コミ ピックアップ/

駐車場は少し狭いですが、昭和初期の雰囲気が残っている古い温泉でした。湯舟の回りに温泉の成分が結晶となってくっついているのは、身体に良さそうな気がしました。お風呂を出た後は、屋上でゆっくりできました。 温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯

住所/島根県邇摩郡温泉津町温泉津

「温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯」の詳細はこちら

斐乃上温泉 斐乃上荘

斐乃上温泉 斐乃上荘

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32342cd2110076963/photo/

国定公園船通山山麓の冷泉で薬効の高い泉質を誇る。日本三大美肌湯温泉の一つ。

\口コミ ピックアップ/

島根県奥出雲町にある温泉です。日本三大美肌の湯の一つだそうで、女の方が多い印象でした。

宿泊もできるそうですが、入浴だけも可能で私が行ったときは410円でした。なので何かのついでにふらっと入ることもできます。

売店でお土産なども売っていったので観光・旅行にピッタリです!! 斐乃上温泉 斐乃上荘

住所/島根県仁多郡奥出雲町竹崎1843-2

TEL/0854-52-0234

「斐乃上温泉 斐乃上荘」の詳細はこちら

小屋原温泉

小屋原温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32205cd2110078147/photo/

大田市街地から南およそ14kmのところにある。三瓶山の北山麓を流れる野城川の河岸にある保養温泉である。泉温は37℃程度。皮膚病,リュウマチ,神経痛,筋肉痛に特効があるとされている。付近は静かで,湯治場から眺める男三瓶の姿は雄大である。また近くには,三瓶山西の原や浮布池,そして姫逃池がある。

\口コミ ピックアップ/

以前、日帰り温泉を利用しました。とてもお湯がよかったので今回宿泊しました。宿泊したからこそのわかったことがありました。日帰りは1つのお風呂しか入れないのですが、宿泊は4つすべて入れるので利用してみると源泉はすべて同じなのですがお風呂によってシュワシュワ加減が違ったり温度が違ったり、それは夕方、夜、朝の時間帯によっても違うということです。炭酸の多いところがいいのでいろいろ入りました。とてもよい湯です。 小屋原温泉

住所/島根県大田市三瓶町小屋原

TEL/0854-83-2101

「小屋原温泉」の詳細はこちら

亀嵩温泉

亀嵩温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32341cd2110076962/photo/

平成13年4月改装オープン。玉峰山麓に湧き出す薬効高い温泉で、古くから外傷や胃腸に良いとされ、地元の湯治場として利用されてきた。平成24年4月には、ツルツルとした若々しい美肌を作るための効用が特に高いとされ、町内3温泉(亀嵩温泉、斐乃上温泉、佐白温泉)を、奥出雲美肌温泉郷と総称。

また、サンドバスは山陰地方で唯一。自然界の不思議な天降石パワー(SGE)で体の活性化を図ります。同町(奥出雲町)は、古事記では、スサノオ命が最初に降り立った地とされ、神話にまつわる地や伝承が多く、また、古代製鉄法「たたら」が営まれた地であり、和鋼の祖として現在に伝承されています。近年では、松本清張氏作「砂の器」の舞台の地として知られています。奥出雲ロマン漂う地です。

\口コミ ピックアップ/

施設はとてもキレイです。また温泉の泉質も最高で、露天風呂も広々してて癒されます。レストランもご当地食もあり、美味しい。 亀嵩温泉

住所/島根県仁多郡奥出雲町亀嵩3609-1

TEL/0854-57-0800

「亀嵩温泉」の詳細はこちら

三瓶温泉

三瓶温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32205cd2110076959/photo/

三瓶山の南中腹にある高原のいで湯。秋の雲海と霧で有名なところ。かつては志学温泉と呼ばれて湯治温泉であったが,今は観光客向けとなり,宿も高原の温泉にふさわしいものが多い。「薬師湯」という共同浴場もある。山の幸が豊富で季節には食膳を賑わしている。

◎薬師湯 旅館が並ぶ静かな温泉街の中心部に,公衆浴場薬師湯が立っている。木造平屋の白壁に瓦屋根をかぶせた民芸調の建物。館内には男女別浴場のほか8畳ほどの休憩室もあり,1日ゆっくりと休んでいける。浴室は洗い場と浴槽が石造りで,壁がレンガブロック風の趣きある造り。湯は38度~42度の含塩化食塩泉で加熱すると錆色を帯びる特徴がある。入浴は神経痛や湿疹,うがいで咽喉疾患や喘息にも効果が高い。10時~21時,無休。

\口コミ ピックアップ/

別名「薬師の湯」だそうです。

三瓶温泉にある」共同湯です。地元の雰囲気いっぱいです。12時からの営業ということでしたが10分前には開けてくれました。入湯料300円です。茶褐色の湯は熱すぎず適温。こんこんと湧き出るかけ流しです。

畳の休憩室もありのんびりできます。

「亀の湯」というのもあるそうで、次回の訪問目標です。 三瓶温泉

住所/島根県大田市三瓶町志学

TEL/0854-89-9090

「三瓶温泉」の詳細はこちら

有福温泉

有福温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32207cd2110078308/photo/

\口コミ ピックアップ/

レトロな温泉街に、御前湯、さつき湯、やよい湯と三つ立ち寄り湯がありました。とてもステキな建物が気に入って、御前湯に入浴しました。温泉は無色透明な単純アルカリ泉で、まさに美人の湯でした。女性の方にはお勧めです。また、この日は上演されていませんでしたが、神楽も楽しめるそうです。 有福温泉

住所/島根県江津市有福温泉町

TEL/0855-52-2501

「有福温泉」の詳細はこちら

千原温泉

千原温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32442cd2110076969/photo/

邑智郡美郷町域の北東部,千原川の渓谷の近くにある温泉。泉温は35℃。火傷や神経痛に特効があるさとれ,遠方から湯治に来る人も少なくない。この渓谷は仙境の趣があり,北へのぼると三瓶温泉に抜ける。近くの九日市には美郷町花のシャクナゲの群生地がある。

\口コミ ピックアップ/

今回で3回目です。ここのお湯がとてもよく肌の調子がいいので通ってます。場所はとてもわかりにくい山の中にあります。施設はとても古くてびっくりしますがお湯は赤く濁った、少し炭酸の入った温泉です。その日に寄って炭酸の多さが違う気がします。シャンプーやリンスなどはなく、体を洗ったら1時間で上がることになってます。湯船は小さいので時間制です。上がるときはとても寒いので最後だけ熱い五右衛門風呂に入ることができます。 千原温泉

住所/島根県邑智郡美郷町千原

TEL/0855-76-0334

「千原温泉」の詳細はこちら

出雲湯村温泉

出雲湯村温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32363cd2110076964/photo/

斐伊川の中流、奥出雲の山里に湧く温泉。出雲国風土記によれば、古より「薬湯」と呼ばれ「一たび湯浴みすればすなわち身体和らぎ、再びすすげばすなわちよろずの病のぞこる」と記されており、古くから効能の高い温泉として有名。アルカリ性単純泉低緩和温泉。泉温40.8℃。

\口コミ ピックアップ/

大変好みの泉質で大好きな温泉地です。有料でお水を持ち帰るお客さんも多くおられますし、もちろん入浴も大人気です。川を挟んで温泉宿が少ないですがあります。河原にも無料の露天風呂がありますが、入る勇気がありませんでした。衛生的かどうかは不明ですが、入ってみたい気もします。 出雲湯村温泉

住所/島根県雲南市木次町湯村

TEL/0854-40-1054

「出雲湯村温泉」の詳細はこちら

日本三美人の湯 湯の川温泉

日本三美人の湯 湯の川温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32401cd2110078113/photo/

宍道湖に流れこむ斐伊川の下流,出雲平野の東部にあり,三方を山に囲まれた閑静な地。硼酸の含有量が多く,漂白作用があるため,上州の川中温泉,紀州の龍神温泉とともに,日本三美人の湯の一つに数えられている。このほか,効能としては,皮膚病,神経痛,リューマチによいとされている。

\口コミ ピックアップ/

日本三美人の湯だけあり泉質もさらっとした中にも深みのある感じで、長くつかることができます。ここには、内湯の他に三つの違う佇まいの半露天貸切風呂があります。特に檜の小庭付半露天風呂は最高です。視覚、聴覚、嗅覚全てに満足感があります。宿泊すれば貸切風呂は無料で入れます。 日本三美人の湯 湯の川温泉

住所/島根県出雲市斐川町学頭

TEL/0853-72-5270

「日本三美人の湯 湯の川温泉」の詳細はこちら

加田の湯

加田の湯

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32386cd2112061954/photo/

黄金色の薬効豊かな湯が魅力の温泉施設。施設内の「ごんべえ茶屋」(食堂)では、地元で採れた食材を使った郷土料理を味わうことができる。大豆をすりつぶして作った「呉汁(ごじる)」をメインにした、「ごんべえ定食」がオススメ!

\口コミ ピックアップ/

島根ににごり湯が少ないのでここはとてもおすすめです。かなり濃いお湯です。赤い色で底に湯の花が沈んでいます。売店には地元の野菜を売っていることがあるので覗いてみてください。 加田の湯

住所/島根県飯石郡飯南町下来島707-2

TEL/0854-76-3357

「加田の湯」の詳細はこちら

美都温泉

美都温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32481cd2110078231/photo/

ふるさと創生事業により掘削した温泉。地下1200mから湧き出す無色透明な良質の湯は、驚くほどつるつるとしてなめらか。国道沿いの山里の集落にあるので、行楽のついでに立ち寄ると便利。

\口コミ ピックアップ/

毎日新しい湯にとりかえている温泉で、早朝5:00から22:00まで営業しています。

四方を山々に囲まれた静かな場所にあり、ゆったりとした大浴場と露天風呂を備え、本格的な温泉が気軽に楽しめます。

地下1,200mから湧いたお湯は、触れた瞬間に違いが分かる上質の「美人湯」で、県外からも多くのお客様が訪れています。

ゆず湯・バラ湯・ポイント3倍などといったイベントも毎日行われています。

隣接する新鮮野菜市では、地元の野菜を購入することもできます。

また、RVパークの認定も受けています!! 美都温泉

住所/島根県益田市美都町宇津川ロ630-3

TEL/0856-52-2537

「美都温泉」の詳細はこちら

温泉津元湯 泉薬湯

温泉津元湯 泉薬湯

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000167116/photo/

\口コミ ピックアップ/

元湯泉薬湯は白濁色のお湯で、浴槽は3つに区切られていて熱い湯・ぬるい湯・座り湯とあります。

お湯は湯舟からこぼれるように溢れ、湯舟のへりには湯の花が堆積し、長い歴史を感じさせます。

そこには懐かしい昔ながらの銭湯の風景がありました。 温泉津元湯 泉薬湯

住所/島根県邇摩郡温泉津町温泉津ロ208-1

「温泉津元湯 泉薬湯」の詳細はこちら

来待湯治村「大森の湯」

来待湯治村「大森の湯」

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32307cc3360157253/photo/

静かな田園風景,四季折々の移り行く風の中で,ゆったりとした時の流れを感じられます。

\口コミ ピックアップ/

日ごろの疲れをとりに2日連続で温泉へ出かけました。

初日は大森の湯。

湯治村というだけあって、こじんまりとして味わいのある温泉です。

お湯はさらっとした感じです。

内湯のほかに露天もありますが、これもこじんまりとして特徴的です。

風呂上りには休憩所でゆっくりできます。

食事は隣のいろり茶屋でできます。

かつ丼がお勧めです。限定10食ランチを食べてみたいけど、残念ながらまだ食べることができていません。食べた人、感想を教えてください。 来待湯治村「大森の湯」

住所/島根県松江市大字上来待210-1

「来待湯治村「大森の湯」」の詳細はこちら

富田山荘

富田山荘

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32206cc3362017613/photo/

尼子氏で名高い月山を望む小高い山の上に位置する源泉掛け流しの温泉宿です。大きな岩を使った露天風呂からは、富田川の清流を挟んで、広瀬の町並みが一望できます。宿泊、宴会、会議、日帰り入浴が可能。

\口コミ ピックアップ/

泉質がとても良く、出雲地方では珍しい茶色に濁ったお湯が豊富に流れています。やはり長方形の露天風呂が素晴らしく、噴出し口から離れていくにしたがって、ぬるくなるので、広瀬の町並みを眼下にしながらゆっくりとくつろげました。 富田山荘

住所/島根県安来市広瀬町富田2656

TEL/0854-32-2271

「富田山荘」の詳細はこちら

立久恵峡温泉

立久恵峡温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32203cd2110077266/photo/

\口コミ ピックアップ/

部屋から一望の立久恵峡の景観!

「行って良かった」と思いました。

家に居ては味わえない、旅行ならではの景色です。

料理も山菜やキジ、鮎とその地方ならではの美味しい料理に大満足です。地産地消なのでしょうか。夜、朝とたくさんいただいて太ったと思います。

また、行きたいです。今度は紅葉の秋か桜の春に。 立久恵峡温泉

住所/島根県出雲市乙立町5273-8

TEL/0853-30-6015

「立久恵峡温泉」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。