ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】RADWIMPSが6度目の1位を獲得!『君の名は。』トップ4独占に食い込んだのはあのアニメ楽曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 RADWIMPS「前前前世」(映画『君の名は。』主題歌)がBillboard JAPAN アニメチャート“HOT Animation”で6度目となる1位を獲得した。
 今回発表のアニメチャートは、2位にRADWIMPS「なんでもないや」(映画『君の名は。』主題歌)で、RADがワン・ツーチャートインとなった。3位には、ラブライブ!シリーズのユニットAqoursの「夢で夜空を照らしたい」(アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』挿入歌)が入った。本作はパッケージセールス、PCによるCD読み取り数“ルックアップ”でトップのポイントとなり、RADのトップ4独占の牙城を崩した。
 
 トップ10で、初登場となったのは5タイトル。中でも6位のムック「CLASSIC」(アニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』オープニング)と、7位のClariS × GARNiDELiA「clever」(アニメ『クオリディア・コード』エンディング)は、多くの指標でポイントを重ねた。両タイトルとも9月14日がパッケージの発売日となるが、ラジオでのオンエア回数、パッケージセールス、デジタルダウンロード、ルックアップ、Twitterと、ユーザーの曲の接触方法が多岐に渡っているのが特徴的だ。
 
 10位→8位へ、総合ポイントを伸ばし順位を上げたのはaiko「恋をしたのは」(映画『聲の形』主題歌)。映画が公開され、ラジオでのオンエア回数、Twitterでポイントを上げ、Billboard JAPANのHOTチャート上位曲に多い筋道をたどりチャートインしている。パッケージセールス後、初となる次回チャートの発表でのチャートアクションが気になるところだ。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「なんでもないや」RADWIMPS
3位「夢で夜空を照らしたい」高海千歌(伊波杏樹),桜内梨子(逢田梨香子),渡辺曜(斉藤朱夏),津島善子(小林愛香),国木田花丸(高槻かな子),黒澤ルビィ(降幡愛)
4位「スパークル」RADWIMPS
5位「夢灯籠」RADWIMPS
6位「CLASSIC」ムック
7位「clever」ClariS × GARNiDELiA
8位「恋をしたのは」aiko
9位「よかよかダンス」ばってん少女隊

関連記事リンク(外部サイト)

9月26日付 Billboard JAPAN HOT Animation
【ビルボード】嵐、402,758枚売り上げJAPAN HOT100総合首位 RADWIMPS、3週連続で2位
【ビルボ-ド】RADWIMPS『君の名は。』、FlowerベストALとのトップ争いを制して4連覇!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP