ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パイレーツ・オブ・カリビアン最新作、2017年7月に公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パイレーツ・オブ・カリビアンのシリーズ最新作の邦題が『パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊』に決定し、2017年7月1日に日本公開されることが決定した。

 前作に続いて伝説の海賊ジャック・スパロウ役をジョニー・デップ、ヘクター・バルボッサ役をジェフリー・ラッシュが演じる他、第4作に登場しなかったオーランド・ブルームが復帰する。その他、悪役を演じさせたら右に出るものがいないハビエル・バルデムが、21世紀最大の悪役として、全海賊の滅亡を謀る“海の死神”サラザール役に。また、『マレフィセント』など話題作への出演が続き、現在ハリウッドで最も注目されているイケメン俳優ブレントン・スウェイツの出演も決定。物語の鍵を握る、強く美しいヒロインを演じるのは、『メイズ・ランナー』シリーズ等で活躍の新進気鋭の若手女優カヤ・スコデラーリオだ。タイトルの「最後の海賊」とは一体どういう意味なのか。今後の情報を楽しみに待ちたい。

関連記事リンク(外部サイト)

フィフス・ハーモニー、ガールズアンセムの『マッドマックス』風MV公開
映画『ハドソン川の奇跡』トム・ハンクスと“奇跡”の日本人当事者が対面
SWシリーズ『ローグ・ワン』物語は『エピソード4』10分前まで? ティザーポスター&監督コメント到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP