ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

lynch.、東名阪フリーライブ完走&カラオケまねきねこコラボ企画開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

lynch.によるフリーライブ『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY「THE RECKLESS MANEUVER」-完全無料東名阪-』の最終公演が、9月20日に豊洲PITで行われた。

“lynch.のライブを見たいけど見たことがないという人たちも、一カ所に集めて大きな音で聴かせたい”という想いで企画され、東名阪の大会場で開催された今回のライブは、初日9月14日のなんばHatch、9月15日のZepp Nagoya共に大盛況。続くファイナルの豊洲PITにも、あいにくの悪天候にも関わらず多くの人が集まって開演を待つ。

派手で鮮やかな照明に映える5人のメンバーが堂々と位置に付くと「東京、声聞かせて下さい!」と葉月(Vo.)が叫び、1曲目に「LAST NITE」を披露した。超満員になった会場を目にして葉月は「よく来てくれました!」とオーディエンスに感謝の意を述べ「I’m sick, b’cuz luv u.」「GREED」「F.A.K.E.」と、次々に爆音のナンバーたちを歌い上げてゆく。

今日はファイナルということもあってMCでは「会場がデカくなると遠い存在になるって言うけど、みんな仲間になれるから!」と言う明徳(Ba.)に続き、「すごい良いライブやってるんで、これからも遊びに来てください!」と悠介(Gt.)が、「支えてくれる皆さんの期待以上に頑張ります!」と玲央(Gt.)が、そして晁直(Dr.)は「無料ライブ、またやりたいです!」と、メンバーそれぞれが思いの丈をぶつけた。

4曲のアンコールを終えた後も鳴り止まない声援に、「俺たちの最大級の愛を!!」という葉月の一声で、ダブルアンコール「TIAMAT」を。lynch.の魅力を十分に堪能できた一夜だった。

また、本日より「lynch.プレミアムライブ実現キャンペーン 第二弾」がスタート。これは、全国のカラオケまねきねこ設置のオリジナルカラオケ機種「すきっと」で、lynch.の曲がキャンペーン期間中に全国総計「15000回」を歌われると、プレミアムライブの開催が実現するキャンペーン。

なお9月15日Zepp Nagoyaにて行われた『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY 「THE RECKLESS MANEUVER」 -完全無料東名阪-』ステージ上に設置された360度カメラによる、マルチアングル映像をYouTubeで公開中。

Photo by 土屋良太

9月20日 豊洲PITセットリスト
LAST NITE
I’m sick, b’cuz luv u. 
GREED
F.A.K.E.
ALL THIS I’LL GIVE YOU
THE FATAL HOUR HAS COME
GHOST
stuck pain
UNELMA
an illusion
THIS COMA
AMBIVALENT IDEAL
INVINCIBLE
GALLOWS
THE OUTRAGE SEXUALITY
MIRRORS
pulse_
MOON
En-1-1.NEW PSYCHO PARALYZE
En-1-2.unknown lost a beauty
En-1-3.discord number
En-1-4.EVOKE
En-2-1.TIAMAT

MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY 「THE RECKLESS MANEUVER」 -完全無料東名阪- @Zepp Nagoya 360度カメラ

キャンペーン情報
「lynch.プレミアムライブ実現キャンペーン 第二弾」
キャンペーン期間:2016年9月20日(月)~12月25日(日)
※プレミアムライブ開催時期は2017年初頭予定(場所・会場等詳細は開催決定後に発表)
※参加方法、店舗情報等はホームページに記載
https://www.skit-net.com/web/pc/kikakuWeb/lynch5/

イベント情報
lynch.「AVANTGARDE」発売記念スペシャルイベント
日程:2016年11月27日(日)
時間:12:30開場/13:00開演
場所:GRACE BALI秋葉原(パセラリゾーツAKIBAマルチ エンターテインメント8F)

応募締切:2016年10月10日(月祝)当日消印有効
詳細:http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t8765/

関連リンク

lynch. オフィシャルサイト:http://lynch.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP