ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「稀肉祭」だと!?ステーキガスト、1頭わずか1%の希少部位を厚切りステーキで提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1頭の牛から約1%しかとれない超希少部位「ミスジ」をまさかの厚切りで提供する、ステーキガストの「稀肉祭」が9月21日から開催されます。

【関連:肉ラバー歓喜! ステーキガスト「1ポンド熟成赤身ステーキ」が数量限定復活】

ミスジは肩甲骨の内側であまり動かない部位のためとても柔らかいうえに、上質な赤身にサシが適度に入り、あっさりとした味わいと、肉本来の旨味が楽しめるのが特徴。それをステーキガスト自慢の肉のスペシャリスト“ステーキマイスター”がより最高の味を引き出すべく、贅沢にも厚めに切り出し、肉が固くならず最後までジューシーに食べられるようとことん焼き加減にもこだわり提供するそうです。

お値段は「厚切りミスジステーキ(225g)」が1699円、「厚切りミスジステーキ(225g)&熟成赤身ログステーキ(225g)」が2699円、「厚切りミスジステーキ(225g)&粗挽きデラックスハンバーグ(225g)」が2399円でいずれのメニューにも健康サラダバーが付いているそうです。開催期間は12月21日まで。ステーキガスト全店で実施されます。※価格は全て税抜きです。


関連記事リンク(外部サイト)

エビフライになれる寝袋が斜め上で欲しくなる
うどん県、要潤をふんだんに無駄遣いした新作動画公開 うどんをすする音で赤ちゃん泣きやむ説を検証
皇室警護専用のトヨタマジェスタ黒パトカーがミニカーで登場 1度限りの限定800台

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP