ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、VRHMDをスマホでコントロールする特許を出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)の処理をスマートフォンで制御するための特許を2月に出願、9月15日に公開を行いました。発明者のリストには、GoogleのVRチームのメンバーの名前が挙がっています。

本特許で示されたVRHMDは、スマートフォンと軽量のVRHMDを細長いコードで結ぶ形です。

またこちらの特許で示されたVRHMDは、スマートフォンをディスプレイとして使用するGear VR等の形式ではなく、ディスプレイが埋め込まれていることが想定されます。スマートフォンはヘッドセットから頭の動きなどのトラッキング情報を受信し、そして描画するために必要な処理を行うことになります。

なお、Googleはスマートフォン向けのハイエンドなVRプラットフォーム「Daydream」を現在開発中です。これまで発表された情報では、DaydreamでVRを体験する際は、完全にワイヤレスとなり、VRHMDにスマートフォンを差し込んで使用する形式となることが想定されます。

(参考)
Google Files Patent Application For Hand-Controlled Mobile VR Headset – UploadVR
http://uploadvr.com/google-hand-patent/

※Mogura VRは米Upload VRのパートナーメディアです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP