ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水樹奈々、東京ドーム公演映像作品でオリコン音楽BD部門1位・2位独占

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水樹奈々にとって2度目となる東京ドーム公演を収録したライブBlu-ray Disc(以下BD)が9月14日に2枚同時リリースされ、「NANA MIZUKI LIVE GALAXY -FRONTIER-」(キングレコード)が発売初週に1.1万(11,383)枚、「NANA MIZUKI LIVE GALAXY -GENESIS-」(同)が同じく1.1万(11,231)枚を売り上げ、今週発表の9月26日付オリコン週間BDランキング(集計期間:9月12日~9月18日)の総合3位・4位にそれぞれ初登場。ミュージックBD部門では1位・2位を独占した。

水樹のミュージックBD部門1位・2位独占は、2012年5月に発売された「NANA MIZUKI LIVE CASTLE×JOURNEY-QUEEN-」(1位)と「〜 -KING-」(2位)により達成された2012年5月14日付以来4年4ヵ月ぶり通算3度目。また今回、自身がソロアーティスト歴代最多を誇る「ミュージックBD部門1位獲得作品数」も通算11作に記録更新した(歴代2位は安室奈美恵の7作)。

今作は、水樹にとって4年4ヵ月ぶり2度目の開催となった、今年4月9日・10日の東京ドーム公演の模様をそれぞれに収録。“-GENESIS-(創世)”と題した1日目の公演では、歌手デビューした2000年から2007年までの楽曲を中心に展開。また“-FRONTIER-(開拓)”と題した2日目公演では、以降の2008年から2014年までのアーティスト活動による楽曲を中心に披露されている。

関連リンク

水樹奈々 オフィシャルウェブサイト:http://www.mizukinana.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP