ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BABYMETAL、初の東京ドーム公演は2日間で11万人動員

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BABYMETALが9月19日、20日に自身初の東京ドームでのワンマンライブを開催し、2日間ともソールドアウトし、合わせて約11万人を動員した。海外ロックフェスティバルを含め約45万人が体験した、8カ国22公演に及ぶワールドツアー「BABYMETAL WORLD TOUR 2016」がこの日完結した。

初日19日のRED NIGHTではニューアルバム「METAL RESISTANCE」の楽曲を中心に全13曲を披露。

アルバムのアートワーク同様に黒と金の衣装を纏い、東京ドームの中心に大きくそびえ立つ魔法陣が描かれたセンターステージの上空、天空ステージから大きな旗を掲げたBABYMETALの3人が登場して「Road of Resistance」がスタート。360度観客に囲まれた円形のステージが回転したり、メンバー自身も走り回ったりしながら四方八方の観客を煽り、会場はどんどん熱気に包まれていった。

BABYMETALが世界的に知れ渡るきっかけとなった「ギミチョコ!!」や「KARATE」などを続けて披露。ラスト「THE ONE ‒ English ver. -」では、観客が首につけたクリスタルのコルセットが白く光り、会場中で大合唱が起こる中1日目は幕を閉じた。

20日のBLACK NIGHTは、トレードマークの黒と赤の衣装でセンターステージからスタンドまで伸びる3つの花道からそれぞれのメンバーが登場して「BABYMETAL DEATH」からのスタート。

この日は1stアルバム「BABYMETAL」を中心にした全12曲を披露。回転するステージで熱く歌い上げるSU-METALのソロ曲、大きなステージを隅々まで動き周りどんどん観客を煽るYUIMETALとMOAMETALのユニット曲で畳み掛ける。

「ド・キ・ド・キ☆モーニング」「メギツネ」「ヘドバンギャー!!」と活動初期から披露されていたシングルナンバーが続く。そして、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のイントロが始まると、観客の首に着けられたコルセットが”紅”に光り、大歓声が沸く。炎の上がるステージでパワフルなパフォーマンスを見せつけ、花道の先までじっくりと歩き会場全体を「We are!!」「BABYMETAL!!」と煽りながら天空ステージへと上っていく3人。巨大な銅鑼をSU-METALが打ち鳴らして、BABYMETAL のワールドツアーは完結した。

2日間に渡って開催された本公演の模様を、10月5日に全国5箇所のZeppホール(札幌・東京・Diver City Tokyo・名古屋・なんば)で、まとめて一挙見できるライブビューイング・イベントの実施が決定した。

この日のためだけに、大スクリーンならではのスケール感でライブを体感できる一夜限りのディレクターズカット版を制作。さらにサウンドはライブハウス仕様にリミックスバージョンで上映される。

BABYMETALは11月23日に今年4月2日に行った、日本人アーティストとして初めてイギリスの名門アリーナ・ウェンブリーアリーナ公演のライブ映像作品「LIVE AT WEMBLEY ARENA」の発売が決定。また、12月からはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのイギリスツアーにスペシャルゲストとして帯同することが決定している。

photo by Taku Fujii / MIYAAKI Shingo

関連リンク

BABYMETAL オフィシャルサイト(日本語)http://www.babymetal.jp/
BABYMETAL オフィシャルサイト(英語)http://www.babymetal.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP