ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご飯好きに朗報! 話題の“レジスタントスターチダイエット”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

炭水化物(糖質)はダイエットの敵ということで、大好きなご飯やパスタを控えている方も多いでしょう。炭水化物も調理法や食べ方によっては、ダイエットの強い味方にすることができます。それが“レジスタントスターチダイエット”。いったいどんなダイエットなのでしょうか?

ダイエットのカギは“レジスタントスターチ”

レジスタントスターチとは、吸収できない(レジスタント)デンプン(スターチ)のことで、日本語では「難消化性デンプン」と訳します。通常、炭水化物は体内で消化・吸収されます。この時に血糖値が上がり、インスリンというホルモンが分泌されることによって、余分な糖質が脂肪として体内に蓄えられ、肥満の原因となってしまうのです。レジスタントスターチは、デンプンでありながら消化されにくく、腸内に残って食物繊維と同じ働きをします。

“レジスタントスターチ”には種類がある

レジスタントスターチにはいくつかの種類があります。まず、精製されていない穀類やシード類など。これらは固い殻に覆われていて消化できません。そして、熟していない青いバナナや生のジャガイモなど。これらは含まれるデンプン自体の消化が難しくなっています。3つ目は、ご飯やパスタなどの炭水化物をいったん調理した後で冷ましたもの。冷める過程でデンプンの構造が変化し、消化しにくい性質に変わります。また、コーンスターチや片栗粉など、加工することで消化しにくくなるものもあります。バナナなら熟していないうちに食べれば、レジスタントスターチが多いですし、ご飯も冷めてから食べることで、消化しにくいレジスタントスターチになります。

“レジスタントスターチ”を摂る効果は?

レジスタントスターチは消化されずに大腸まで届きます。食物繊維と同じ働きをするので、腸内でビフィズス菌など善玉菌のエサになって腸内環境を改善する効果があります。便通を改善する効果もあるので、ダイエットにもお肌のためにも効果的。また、レジスタントスターチは血糖値を上げにくくする効果があることも分かっています。朝食でレジスタントスターチを食べれば、昼食後も血糖値を安定させる効果が続きます。レジスタントスターチは、通常の炭水化物よりもカロリーが半分程度になるのも魅力ですね。

効果的な“レジスタントスターチ”の摂取法

レジスタントスターチにはいくつかの種類がありますが、ダイエットが目的なら、ご飯やパスタを調理した後、冷蔵庫で冷して食べる方法が簡単です。ただ、冷した場合でも、レジスタントスターチになるのは炭水化物の2割程度です。カロリーが抑えられるからといって食べ過ぎは禁物ですし、それだけ食べていては栄養が偏ってしまいます。上手にレジスタントスターチを取り入れて、バランスのいい食生活を心掛けましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP