体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日に1〜2時間なら可愛くて当然!でも…? 丸一日、育児を主人に任せてみたら

f:id:akasuguedi:20160919151642j:plain

息子は一歳になって、日を追うごとに活発になっています。

あちらこちらへ一人で歩いて行き、そこらじゅうにおもちゃをばらまいたり、勝手に庭へ行き、カエルを捕まえてきて家の中に持ってきたり…。

「ひょぇー」と驚く、予測不可能なことばかり。本当に目が離せなくなりました。

毎日、息子の朝ごはんの支度から、日中の面倒をみるのは、私。

夕方、主人が仕事から戻ってきます。息子のご飯がまだの時には、主人があげますし、すでに食べ終わっている時もあります。主人は、息子と少し遊んでから、一緒にシャワーを浴び、息子の寝る時間になります。

主人は毎日「息子がかわいい」と言います。

そりゃあ、一日に1、2時間だけ触れ合うだけなら、かわいいことでしょう。

私なんて、日中ずっと動き回る息子の後を追って、安全に遊べるように見ていなきゃいけません。危ないものがあれば何度もダメと教えますが、何度言っても近づきたがります。

「はぁー」と、溜息をつきたくなることもしばしば。

たしかに息子は、かわいいです。でも、24時間毎日一緒となると、育児でくたくたになってしまうのも事実。

週末のある日、私は大胆な行動に出てみました。

「疲れすぎたので、今日は、息子の面倒を一切みません」と主人に告げ、自分の部屋にこもりました。

「えー?」と驚く主人。

毎日「かわいい」と言っている息子と、二人にしてあげよう、うっしっし。

きっと私の日頃の大変さがわかるに違いない、と思いました。

今まで数時間、息子と二人というのは経験したことがある主人ですが、一日はありません。でも二言目には「うん、面倒見るよ。」と、あっさり承諾。 関連記事:イクメン魂に火をつけろ!娘とのラブラブ自慢でイクメンの夫がさらに協力的に進化!

自分の部屋にいながら、リビングで主人と息子がどんな様子か聞き耳を立てます。

朝ごはんの準備もでき、食べさせているようですが、息子が泣いている様子はありません。食後は、一緒に遊んでいる声が聞こえてきました。二人とも楽しそうです。

しばらくして「おむつを変えようね」と主人がいいながら、息子の部屋へ連れて来ました。

その後、息子は静かです。抜き足差し脚で、息子の部屋に見に行ってみると、すやすやとベビーベッドで寝ていました。

息子が寝ている間、主人は家事分担で担当の洗濯に取り掛かりました。洗濯の次は、家中の掃除機、モップかけ、トイレ掃除、ペットのトイレ掃除などを黙々とこなしていました。なかなか、ちゃんとやっていてびっくりです。

お昼前に息子が起きてきました。主人はランチを準備して、息子を部屋に迎えに行きます。仲良く二人でランチを食べた後、息子はまたベビーべッドに連れて来られていました。

バスルームをみてみると、主人がバスルームを掃除して、自分のひげをそっています。

「息子は大丈夫か?」と息子の部屋をこっそり見てみると、ベッドの中で静かに遊んでいました。

普段は、サークルの中に入れておくだけでも「外に出してくれー」と騒いで大変なのに、今回は大丈夫なのは一体なぜなのでしょう?

息子も「そういうもんだ」と思っているのでしょうか?疑問です。

午後は、二人で出かけて行きました。今まで出かけるときはいつも、私と主人と息子の3人でしたから、これまたびっくりです。泣かれた時のためお菓子も持参していきました。

2時間後、帰宅。様子を聞いてみると、お店の中でもおりこうにしていて、お菓子の出番はなかったそうです。

帰宅後は二人でおやつタイム。息子はバナナ、主人は甘いグミ。

おやつの後は、家の中でシャボン玉を始めたので、外でやるように注意しました。ソファで暴れん坊ごっこをした後は、庭でボール遊びをして楽しんでいました。

16時頃、息子がぐずって泣きました。「ママに抱っこしたい」って言ってると主人が私のところに連れてきました。

軽くギブアップのようだったので、少し抱っこしてあげました。

久しぶりに触る息子は、かわいさ100倍増しです。息子の機嫌が直ったので、主人の元へ。

再び、二人は庭でサッカー。息子は自分でドリブルをしながら、主人のいるゴールへ向かったり、庭の葉っぱを集めたり、ウロウロ歩き回っています。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。