ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一重・奥二重さんの目をアイプチなしで大きく見せるメイクテク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイプチなしで、目を自然にパッチリ見せちゃいます!

前回の「一重・奥二重さん必見!プロがおすすめするアイテム 」に引き続き、今回はアイプチなしで目を自然にぱっちり見せるメイク法を、「一重奥二重さんの魔法のメイクBOOK」や「自分史上最強に可愛くなる!一重奥二重さんの激変メイクBOOK」の著者であるヘアメイクのプロがお伝えします!

 

一重さんのパッチリ目になるアイメイク法

目を開けた時にまぶたでメイクが隠れてしまう一重さんは、太いアイラインとマスカラたっぷりのまつ毛で目ヂカラを強調しましょう。
また、下まぶたメイクで目の縦幅を広げ、ぱっちり目に見せていきます。
①はじめにビューラーでまつ毛を根元からきっちりカールさせます。次にアイホール全体に、パール感のないマットなベージュのアイシャドウを塗りましょう。
(パール感やラメ感が強いと、まぶたが腫れぼったく見えてしまいます!)
②芯の柔らかいブラウンのペンシルアイライナーで、上瞼のキワに太めにアイラインを引きます。たれ目に見えるように、目尻は目を開けた状態で2ミリほど引き下げて!
③目を開けた時に見える範囲まで、2のアイラインをぼかすように、濃いブラウンのアイシャドウを塗り広げていきます。
さらに、下瞼も目尻から3分の1の範囲まで、ブラウンのアイシャドウをライン状に細く塗り、目の縦幅を広げます。
④ボリュームタイプのマスカラを、上下まつ毛にたっぷり塗ります。
目を開けた時にまつ毛が見えるよう、最後にもう一度ホットビューラーを使用して根元からしっかりとカールすると、目の縦幅が広がり自然なぱっちり目が完成します。

 

奥二重さんのパッチリ目になるアイメイク法

二重幅が細いため、アイシャドウは薄く、アイラインは細く入れ、二重幅を生かすことが大切。
たれ目に見えるようアイラインを引き、下瞼もメイクをすることで、目を丸く大きく見せていきましょう。
①はじめに、ビューラーでまつ毛を根元からきっちりカールさせます。次にアイホール全体に、パール感のないマットなベージュのアイシャドウを塗ります。
(パール感やラメ感が強いと、まぶたがもっと腫れぼったく見えてしまいます!)
②二重幅にベージュや薄いブラウンのアイシャドウを塗ります。こちらもあまりパールやラメ感が強くないものを。
(濃いブラウンを塗ると二重幅が潰れ、かえって目が小さく見えてしまいます)
③ペン先が極細のリキッドアイライナー(黒でもブラウンでも好みで)で、目頭から目尻までアイラインを引きます。目を開けた状態でたれ目に見えるように、目尻側のラインを少し引き下げましょう。
鏡を見てバランスを見ながら、少しずつ引くのがポイント。黒目の上の粘膜は塗りつぶします。
④まつ毛の根元から毛先に向かって、コームタイプのマスカラを塗ります。
奥二重さんはボリュームタイプよりも、ロングタイプのマスカラがオススメ。繊細なまつ毛を心がけて!
目は相手印象をグッと変えられる大事なゾーン。
このアイメイク方で、パッチリな目を手に入れてくださいね!
次回は一重、奥二重さんの目をパッチリと大きく見せる、眉の描き方をご紹介します。
お楽しみに!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP