ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後追いがひどくてクローゼットさえ遠い…! 部屋の使い方を変えて片付け効率アップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは6年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。

産後は汚部屋から脱却して快適な暮らしを送っていたのですが、 5年ぶりに2人目を出産することになりまして… 。

ここまで、「出産前準備」、「産後の家事効率をあげる秘訣」に、「増え続けるベビーグッズの管理方法」についてご紹介してきました。

今回は

「後追いで追いつかない家事は部屋の使い方を変えて解消」について、私の経験をお伝えします。

ほんのちょっとの移動でもギャン泣き。それが後追い。

1人目を出産後、慣れない育児にてんやわんわ。

ちょっと泣かれては手が止まり、寝かしつけるのに失敗しては泣かれ…。

そのうちに寝返りが始まり、ハイハイが前進して、後追いが始まると、

「ちょっと目を離した隙にケガしたらどうしよう」

「家事の間にイタズラされたら困るしなぁ」

と、片時も目が離せない・手が離せない気持ちになっていました。

トイレに行くと扉の前でギャン泣きされ、おちついてトイレにも入れない…とトホホな気持ち。

洗濯物を干す時も気づかれないように息を潜めながら赤ちゃんの傍からそっと離れて、泣かれるとまた戻る。

「家事がまったく進まんじゃないかい!?(怒)」 関連の漫画記事:ママはもう”すりきりいっぱい”…!パパに知って欲しい、家がちっとも片付かない理由 by 園田花ヨウ

54平米の部屋。端と端の和室と洋間が遠い…

そんな中で手間取っていたのが自分の着替え。

当時は54平米、3DKの部屋に住んでいたのですが、赤ちゃんのプレイルームと家族の寝室を兼ねていた和室はベランダに面した場所。

クローゼットがあった洋間は玄関入ってすぐ隣。

互いに一番遠い場所に位置するクローゼットと赤ちゃん部屋。

後追いでギャン泣きする赤ちゃんの隙を見計らいながら、クローゼットまで着替えに行くのは一苦労でした。

54平米なのに和室から洋間までが遠い…気持ち的に距離が遠いのです。

そのうちに、ベランダで取り込んだ自分の服をクローゼットまで戻すことがしんどくなって、赤ちゃんの洗濯物を戻すついでに自分の服も和室に置くことが増えはじめました。

*赤ちゃんと過ごしていたリビングはベランダに面した部屋。ダイニングの奥に見える廊下の先にクローゼット部屋があった。

遠くまで戻すことが難しいなら、近くに戻せば使いやすい

部屋の中の滞在エリアを、ベランダ側に位置するキッチン・ダイニング・リビング・和室に集約すると、常に赤ちゃんの気配を感じられるので、

「目を離した隙にイタズラしたら…」

「ケガしたら…」と心配することも少なくなり、赤ちゃんもお母さんの気配を感じられるので、後追いからのギャン泣きも落ち着きました。

それなら、わざわざ遠いクローゼットまで服を収めにいくことは止めよう。と、和室に押し込まれていた私の服にちゃんと収める場所を作ってあげられるように、衣装ケースひとつ分を私の服置き場に変えました。

すべての服を収めるスペースは無かったで、普段着中心でしたけど、当時は、ワンマイルコーデの服で十分だったので、押入れの衣装ケースに収められる服で不便もありませんでしたしね。

ベランダに干した洗濯物をベランダに面した和室に取り込み、和室の押入れにある、赤ちゃんと私の衣装ケースに収める。

その間、赤ちゃんは近くで機嫌よく遊んでくれるので、後追いもありませんし、私にも余裕が生まれて好循環です。

クローゼットに服を収めなくちゃだめだ!と無理することをやめ、

現時点で使いやすい場所に収めなおしたことが良かったのだと思います。

後追いしてくれる姿もかわいいのですが、後追いで泣かせないこともアリではないでしょうか。

育児中は部屋の使い方も自由自在に変化できると便利

そのあと、赤ちゃんの後追いも落ち着き、私もゆとりを持てるようになったので、服は再び洋間のクローゼットに戻すようになりました。

子どもも1歳を過ぎて外出の機会も増えてきたので、一緒にお出かけする私もワンマイルコーデにおしゃれ服が加わり、クローゼット1か所に服が集約される方が着替えも楽になったのです。 関連記事:インテリアを変えたり、断捨離したり…赤ちゃんスペースづくりは生活を見直すチャンス!

子どもの成長で大人も行動が変化する育児中は、部屋の使い方だって変化できると自分が楽になります。

自分が楽になると、子育てにも余裕が持てますしね。

著者:門野内絵理子

年齢:37歳

子どもの年齢:娘6歳、息子1歳

妊娠退職を機に片付けに目覚める。引越しオーガナイザー。 元、汚部屋の住人。 現在「入居3年たっても新居がスッキリ片付づく引越し」として 整理収納のプロの視点から片付けのサポートをしている。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

お部屋スッキリ&事故防止にも◎「見せない収納法」で「触ったらダメ!」から解放
「ママは何でもできる魔法使い!」難題もあるけれど、息子の想像に応えたい理由
大型スーパーで迷子になった4歳の息子。そのとき見せた意外な行動とは!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP