ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメン店の食べログ評価は要注意 偏りが生まれやすい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 食べログは月間6400万人が利用する日本最大のグルメサイトだが、★の数が意図的に操作されているのではないかとの疑念から運営会社カカクコムの株が急落する大騒動に発展した。では、食のプロたちはどう使っているのか。

◆ 自分の好きな店を高く評価する人を見つける

 味や店の雰囲気の好みは人それぞれ違うし、当然、★のつけ方も十人十色だ。

 より自分の好みに合った店を探したいなら、「自分と似た評価をしているユーザーを見つけることです。その人が高評価をつけた店は自分にも合う可能性が高いので、ベンチマークとして利用するといい」(フードジャーナリストの松浦達也氏)。

◆ ラーメン店は要注意

 また、フードジャーナリスト・はんつ遠藤氏はラーメンでは食べログの評価を重視しないと話す。

「ラーメン好きの人は、それぞれ独特の好みやこだわりを持っている人が多い。評価の偏りが特に生まれやすいジャンルです。だから僕は参考にしていません」

◆ ★3.0~3.3の間に名店が隠れている

 人気グルメブロガーのフォーリンデブはっしー氏は「少し上級者向け」と前置きしてこういう。

「地域と料理のジャンルを選び、ランキングを上から見ていくと、★3.0~3.3くらいの間に名店が隠れていることが多い。たとえば、本当は美味しいけどあまり知られていない店で、口コミも有力レビュアーのものではない4件しかない……こういう場合、4人が★4つ以上をつけていても、表示は★3くらいになっていたりするんです。だから私は口コミの中身をよく読んで、“熱意のある高評価”ならその店に行く。結構当たりは多いです」

 大切なのは★の数そのものではなく、そこにある情報をどう読むかなのである。

※週刊ポスト2016年9月30日号

【関連記事】
食べログの活用術 「自分の好みに近いレビュアーを見つけよ」
好きな数字で宝くじ買える「宝くじナンバーサービス」が存在
中国人男性観光客に「中央線沿線でラーメン食べ歩き」が人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。