ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

チケット購入後でもフライト料金を節約できる、企業向けアラートサービス「FairFly」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
繁閑差などの要因で変動しやすいフライト料金航空券の価格は、航空会社や季節による繁閑の差、フライトの曜日、時間帯はもちろん、購入のタイミングによって、大きく変動するもの。

一般に、出発日に近くなるほど値上がりする傾向にあるが、場合によっては、購入後に、価格が下がるケースもある。

・購入後のフライト料金の変動を常時モニタリング

FairFlyの公式ウェブサイトイスラエルのテルアビブで開発された企業向けサービス「FairFly(フェアフライ)」は、航空券を購入した後でも、最安値で購入し直すことで、航空券を割安にできるというものだ。

ユーザーが、購入した航空券の旅程を「FairFly」に送ると、独自のアルゴリズムを使って、航空券の価格をリアルタイムで常時モニタリング。

航空券の再購入に要する諸費用も考慮した上で、すでに購入した航空券の価格よりも料金が安くなったら、「FairFly」がユーザーに自動で通知する仕組みとなっている。

・フライトチケット1件あたり平均254ドルを節約

「FairFly」によると、このサービスで価格をモニタリングした航空券のうち4分の1程度は、購入時よりも割安で再購入でき、1件あたり平均254ドル(約2万6000円)の節約になったという。

「FairFly」は、列車予約後の運賃の値下がり情報を自動通知するフランスのサービス「Save a Train」と似た仕組みだが、より広範囲をカバーする移動手段である旅客機の特性をかんがみると、「FairFly」は、さらにニーズの高いサービスといえるだろう。

FairFly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。