ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Nattofranco」Noemie Aiko Sebayashi Interview

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NeoL Magazine JP | Model: Louïs Rault 渡邊 | Photo: Palden Macgamwell | Fashion Designer: Noemie Sebayashi | Interview/Text: Lina Hitomi

ストリートを席巻している薔薇のミームの発祥とされるブランド、Nattofranco。ファッションアディクトから注目を集めるブランドのインスピレーションの源から日本の印象についてまで、デザイナーのセバヤシ・ノエミ・アイコに話を聞いた。
——自己紹介をお願いします。
ノエミ「セバヤシ・ノエミ・アイコです、職業はファッションデザイナー。日本人とフランス人のハーフです。年は25歳です。ファッションスクールに通って二年になります。パリに拠点を置いています」
——あなたのブランド、Nattofrancoについて教えていただけますか。
ノエミ「私の出生のフランスと日本を取り入れたブランドで、2013年の末に立ち上げました。ストリート系のファッションを扱っています。白TシャツやプリントのTシャツをオンラインで販売することから始めました」
——ブランド名の由来はなんですか?
ノエミ「二つのアイデンティティを象徴できる、ユニークな言葉を作りたかったのです。ナティは日本を、フランコはフランスの一面を現しています」
——インスピレーションはどこから?
ノエミ「父の生い立ちや本、日本、図書館や街並、アニメ映画や80年代の写真からです」
——昔からファッションに興味があったのですか?この業界に入ったのはなぜですか?
ノエミ「若いころは庭園設計をやりたかったのですが、ファッションスクールに入ろうと思いました」

NeoL Magazine JP | Model: Louïs Rault 渡邊 | Photo: Palden Macgamwell | Fashion Designer: Noemie Sebayashi | Interview/Text: Lina Hitomi

——新コレクション2016SSと2016FWについて教えてください。なぜ薔薇のアイコンを使用しているのですか?
ノエミ「2016SSは体操のシンボル、タバコとグラフックをモチーフにしています。現代的なタッチで、新しい体操のシルエットを作り出したかったのです。
薔薇はとても強力なシンボルで、10代のとき聞いていたエモバンドを懐かしく思ったのです、象徴としてよく使われていたので」
——自分のブランドに使用するモデル(ミュゼ)はどうやって探しているのですか? ヘアメイクや写真家はどうやって決めていますか?
ノエミ「だいたいインスタグラムでスカウトします。そのほうが感じがよくて、親密になれるのです。モデルたちとは友達でいたいと思っているので。いつも撮ってくれる写真家の友達もいますし、ヘアメイクも同じですね」
——あなたのブランドの購買層は?彼らはどうやってあなたのブランドを探し出すのですか?
ノエミ「“OPENING CEREMONY US”と“SOOP SOOP Toronto”で販売しています。あとは、お客様のほうから欲しいというメールをくれるんです」
——カタログの構想はどうやって練っていますか?
ノエミ「キャスティングをしているときなど、素材をデザインしたり、集めたりしているときにカタログのアイデアまで決めてしまうのが好きです」
——カタログ撮影の日はどのような流れですか?
ノエミ「早い時間から始めます。セットは前日に作ってしまっているので、全員で同じ時間に集合して、遅くまで衣装の撮影をしますね(笑)」
——必ずチェックする雑誌やメディアはなんですか?
ノエミ「『Vice』はとても好きです。Fip FMというラジオも心地良くて好き」
——他のブランドとコラボする機会があったら、どことやってみたいですか?
ノエミ「FILAやphat farmのような象徴的ブランドとぜひやってみたいですね、そのときまだあるなら」

NeoL Magazine JP | Model: Louïs Rault 渡邊 | Photo: Palden Macgamwell | Fashion Designer: Noemie Sebayashi | Interview/Text: Lina Hitomi

——半分日本人であることをどう思いますか?最近日本を訪れた時のことを教えてください。Kikoと出かけたことなど。
ノエミ「エキサイティングなパーティに行ったり、架空の場所に向かって朝歩いたり、とてもいい時間を過ごせました。またすぐ戻ってきたいです、できれば10月頃には。前より故郷のように思えました。というのも、ハーフというのはよく考えるととても不思議で、どこにも居場所がないみたいなものです。でも東京にいる間、同じファッション業界で働いているハーフの人がたくさんいて、面白かったです」
——日本の女の子をどう思いますか?
ノエミ「最近は色んな女の子がいると感じます。男性がろくに女性のことをかまわないような国で結婚することを夢見ている昔ながらの子がいる一方で、もっと自由で自分たちのスタイルで遊んでいて、日本と世界の仕組みの狭間にいるように感じている子もいます。でも、今の世の中で日本人女性を定義するのはとても難しいです、特にハーフの立場では。個人個人でしか分析できないと思います」
——好きな写真家は誰ですか?
ノエミ「モニカ・モギ、エステール・ハナニア、ブリアナ・カポッジ、リア・コロンボです」
——あなたにとって「ファッション」とは?
ノエミ「業界です。ルールに縛られた業界で、それを破るのが面白い」
——あなたにとって今のユースカルチャーとは?
ノエミ「ユースカルチャーは私を奮い立たせてくれるものです。特にインターネットは」
——あなたにとってインターネットとは?
ノエミ「コミュニケーションのための、簡単で面白いツールです」
——今のトレンドはどこから生まれてくると思いますか?
ノエミ「ファッションはエキサイティングとは思いますが、革命的な面はなくなってきています。ストリート系のファッションがリュクスの分野で評価されるようになってきているのはうれしいです」
——自分のブランドをどうやってPRしていますか?
ノエミ「雑誌、メールとインスタグラムを使っています」
——どんな音楽を聴きますか?
ノエミ「ヤング・サグなど、日本のラップがどんどん好きになっています。GOKU GREENやCali Girlsも最近好きになりました」
——いつもどうやって情報を集めていますか?
ノエミ「フェイスブック、インスタグラム、ラジオ経由です」
——5年後にご自分は何をしていると思いますか?近い将来でも。
「自分のブランドを拡大しているといいですね、他の企業とコラボしたりして」
——Nattofancoの最新情報は?
ノエミ「パリで6月に行われるファッションウィークに向けてROKU SS17のラフをしているところです」

NeoL Magazine JP | Model: Louïs Rault 渡邊 | Photo: Palden Macgamwell | Fashion Designer: Noemie Sebayashi | Interview/Text: Lina Hitomi

NeoL Magazine JP | Model: Louïs Rault 渡邊 | Photo: Palden Macgamwell | Fashion Designer: Noemie Sebayashi | Interview/Text: Lina Hitomi

Nattofranco
パリ出身のノエミ アイコ セバヤシによるブランド。クリエイティヴ・プロセスとイメージは日本とハーフである出自に大きな影響を受けている
http://www.nattofranco.com
Natto Francoのモデルに起用されるなど、ファッション界で人気を集めつつあるモデル、ルイス・ラウルト・ワタナベとは?
ルイス・ラウルト・ワタナベといいます。年は22でフランス人と日本人のハーフです。
パリで育ち、17歳のときに自分の意志で日本に来るようになりました。パリで理系の学校を出て、19歳の時に東京に引っ越しました。
母は画家で写真家です、油絵もやりますし、イラストも彫刻も。父は(10年も会っていませんが)報道写真家です。
ですから、幼いころにたくさん絵画やビジュアルに触れたことが私の価値観を作り上げたと思います。
My name is Louïs Rault Watanabe, I’m 22 and I am half-French, half-Japanese.
I’ve been raised in Paris my whole life, and started to come in Tokyo by my own when I was 17 years old.
I get my scientific graduation in Paris and decided to move to Tokyo, at the age of 19.
I doing back-and-forth, Tokyo-Japan.
My mom is an artist, Cameraman, oil painting, illustration, sculpture..
And my Dad (that I didn’t see for ten years) was a reporter photographer.
So I guess that, seeing a lot of images in my young age helped me to have a form of taste.

NeoL Magazine JP | Model: Louïs Rault 渡邊 | Photo: Palden Macgamwell | Fashion Designer: Noemie Sebayashi | Interview/Text: Lina Hitomi

Q1. Can you tell us about yourself?
I’m Noémie Aiko Sebayashi,.fashion designer, half-Japanese, half-French. 25, been studying 2 years of fashion school, I’m based in Paris.
Q2. Can you tell us about your Brand NattoFranco?
My brand represents my two halves French and Japanese. I started at the end of 2013, I developed street wear garments. I started with white tee and prints, selling the clothes online though my shop.
Q3. How did you come up with name?
I wanted to create a unique word to deceive two identities, natty was Japan, Franco the french side.
Q4. What was your inspiration?
I’m inspired by my father’s background, his books, by Japan, libraries and streets, by anime movies, 80’s photography.
Q5. Were you always into Fashion? Why do you make?
I wanted to design gardens when I was very young, but decided to go to fashion school instead.
Q6. Can you tell us about your new collection SS16? FW16? Concept, Material, Feelings, color etc. Why “Rose icon” is used?
SS16 is about gymnastic symbols, and cigarettes, graphic; I wanted to create new gymnast silhouettes with contemporary touches. The rose is a strong symbol, I felt nostalgic of emo bands I was listening to when I was a teenagers where roses were used a lot.
Q7. How do you usually find the models (Muse) for your brand? Hair & make up? Who does the styling? How do you select photographer? Who is a current “Muse/Prince?”
I usually like to scout on instagram, its nicer and more personal, I like to be friends with my muses. I have photographer friends who I usually shoot with the cookbooks same with beauty and styling.
Q8. Who is buying your brand mainly? How people are finding you?
Mainly Opening Ceremony US and Soopsoop Toronto. They email me.
Q9. How do you usually come up with Lookbook idea? The feelings if you are to say in a word.
I like to build the idea for LB during the process of collection, like casting is a good example, I like to project the lookbook already when I design and collect fabric.
Q10. Can you describe the day of lookbook shoot?
We start early, the set is ready by the day before so we just arrive all together then we start shooting the clothes until late, aha.
Q11. What kind of magazines, media are your daily must check?
I like Vice a lot. I like radio Fip FM is cozy.
Q12. If there is any collaboration opportunity, what brand do you wanna work with? You can say multiple brand names.
I would love to collaborate with iconic brands like Fila, Phat Farm if they were still there.
Q13. You are Japanese half, how do you feel about that? Tell us about your recent visit in Japan, hang with Kiko etc.
I went to crazy parties in Shibuya to walking in the morning to unreal places, I had the best time. I want to come back so soon I hope in October..
I felt more home there for a bit, because being half is weird thing when you think much of it, you don’t fit anywhere, while I was in Tokyo I met many half who works in the fashion industry I found it very interesting.
Q14.What do you think of Japanese girls in Japan?
Currently I feel there different kinds of Japanese girls, the traditional Japanese girl wants to get married in a country where boys don’t care of girls, the other is more mind free, plays with her style, and feel in a in between Japanese system and the rest of the world. But it’s hard to define what is to be a Japanese woman today, especially when you are half, you can only define it individually.
Q15. Who is your favorite photographer?
Monika Mogi, Estelle Hanania, Brianna Capozzi, Lea Colombo.
Q16. What is “Fashion” to you?
It’s the industry. An industry with rules, it’s interesting to break them.
Q17. What’s youth culture today to you?
Youth culture is inspiring, especially with internet.
Q18. What’s Internet to you?
It’s a very easy and interesting tool for communication.
Q19. Where do you think the trend comes from today?
It’s exciting, but not getting revolutionary neither, I like that streetwear is getting more credit in the luxe industry.
Q20. How do you promote your brand?
With magazines, email, and instagram
Q21. What kind of music you listen to? Name of band / artist?
Young Thug, I like Japanese rap more and more lately, I found out about Goku Green – Cali Girl.
Q22. How do you find the information usually?
Via Facebook or instagram or radio.
Q23. What do you think you will be doing in 5 years? Near future?
Hopefully still developing my brand, collaborate with other companies.
Q24. Any news or highlight you want us to note about? The latest news on Nattofranco?
I am roughing ROKU SS17 for June’s fashion week in Paris.
model Louïs Rault 渡邊
photo Palden Macgamwell
fashion Designer Noemie Sebayashi
interview&text Lina Hitomi
photo edit Lina Hitomi

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP