ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

革命的なラベンダー香るクレームブリュレが美味 / ロクシタンのラベンダーブリュレコーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラベンダーブリュレコーン
500円

フランス生まれのスイーツ、クレームブリュレ。シンプルなスイーツに思えますが、実はあらゆる要素が完璧な黄金律で含まれているのです。

・完璧なるスイーツのかたち
焦がした砂糖からは香ばしさとハッキリとした甘さ、カスタードからは濃厚で芳醇な甘さ。そして双方をスプーンで出会わせたときに生じる、甘さのグラデーション。それらの完璧なるスイーツのかたちは、しっかり計算されたレシピからしか生まれません。

・革命的なクレームブリュレが誕生
そんなクレームブリュレが美味しい店として定評があった「ロクシタンカフェ 新宿店」(東京都新宿区新宿3-17-5)ですが、なんとも革命的なクレームブリュレが誕生しました。そしてそれは新しいだけでなく、食べる人たちを次々と魅了しているのです。

・ラベンダーの蕾
クレームブリュレの新しいかたち、それは「ラベンダーブリュレコーン」。スイーツとしての美味しさを完璧にするため、注文を受けてから仕上げます。ソフトクリームのコーンのような器にたっぷりと注がれたカスタードと生クリーム。表面をしっかり焼いて、ラベンダーの蕾(つぼみ)をまぶして提供されます。

・フランボワーズが高密度でぎっしり
その味は、まさに究極のスイーツを具現化したかのようなクオリティ。スプーンを入れると、カスタードと生クリーム、そしてブルーベリーやフランボワーズが高密度でぎっしりと入っているのがわかります。

・コクの強い甘さを引き立たせる
できれば、表面、カスタード、生クリーム、ベリー、すべてをひとつのスプーンで一気にすくい、食べてみましょう。

表面の香ばしさがカスタードのコクの強い甘さを引き立たせ、そして甘さ控えめの生クリームがベリーの酸味を軟化させ、ちょうどよいフルーティーな風味をもたらします。

・食べ比べをするのも楽しい
見た目も可愛らしくて革命的ですが、その味も本格的。食べた人たちが「究極のスイーツ」と行ってしまうのも理解できるというものです。

ロクシタンカフェ新宿店では、定番のクレームブリュレも提供されています。量的にも多くないので、ふたつを注文して食べ比べをするのも楽しいでしょう。

もっと詳しく読む: 革命的なラベンダー風味のクレームブリュレが美味 / ロクシタンのラベンダーブリュレコーン(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/09/20/loccitane-creme-brulee/

ロクシタンカフェ 新宿店
住所: 東京都新宿区新宿3-17-5 盛成堂ビル2F
時間: 10:00~23:00
休日: 不定休
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13161217/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP