ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋ドライブで食べたい♪おすすめ旬グルメ~魚編~【東北】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

だんだんと暑さが遠のき、過ごしやすい季節になってきましたが、それとともにさまざまな魚が旬を迎える秋。

今回は、秋のドライブ先で絶対に食べたい、旬のお魚が食べられるお店を東北エリアで厳選しました。

宮城県・塩釜の「三陸塩竈ひがしもの」、宮城県・気仙沼の「さんま」、青森県・八戸の「八戸前沖さば」、宮城県・亘理の「いくら」、どれも美味しそうで、ついつい迷ってしまいます。

週替わりで行先を変えて、思い切って全種類制覇するのも、素敵です♪

三陸塩竈 ひがしもの

鮮度・色つや・脂・旨みの4拍子揃う絶品にうっとり。

塩釜水産物仲卸市場

水産物店から食事処まで115店舗がひしめく。

全国屈指の生マグロ水揚げ港、塩釜港に近いためマグロ専門店が豊富。買った魚介を焼いて食べられる一角も

目利きのプロが買い付けた魚介類を、観光客も卸値で購入できる。日祝の6時~12時は日曜朝市があり、10月には「どっと祭」も開催。 塩釜水産物仲卸市場

TEL/022-362-5518

住所/宮城県塩竈市新浜町1-20-74

営業時間/3時~13時(土は~14時、日祝は6時~14時)※店舗により異なる

定休日/水

アクセス/三陸道利府中ICより15分

駐車場/200台

「塩釜水産物仲卸市場」の詳細はこちら

塩竈市場食堂 只野

爽やかな香りの赤身と濃厚な中トロを食べ比べ。

まぐろ丼 1900円

市場内の「三陸塩竈ひがしもの」取扱い認定業者から仕入れたばかりなので鮮度抜群

生マグロならではの爽やかな香りが鼻を抜ける赤身と、口どけよく後味のいい中トロを2色盛りに。両方のおいしさが一度に味わえる。 塩竈市場食堂 只野

TEL/022-362-2737

営業時間/6時~13時、土日祝は~14時

定休日/水

「塩竈市場食堂 只野」の詳細はこちら

塩釜加瀬市場店

豪快なサイズに歓声必至!丼を覆うのは霜降りのトロ。

鮪の霜ふり丼 1800円 ※9月1日~30日提供

こんなに大きなトロとは初対面!?特製の醤油だれで賞味。期間限定なのでさっそく行きたい

霜降りで淡いピンク色に輝くマグロは、一辺15㎝ほどもある贅沢さ。表面が軽く炙ってあり、頬張ると脂の甘みが口にとろけ出す。 塩釜加瀬市場店

TEL/022-365-0242

営業時間/7時~13時、土日祝は~14時

定休日/水

「塩釜加瀬市場店」の詳細はこちら

さんま

どんな調理法でも旨い、三陸自慢のさんまに感動。

お魚いちば 港町レストラン鮮

1人前に3匹以上!旬のさんまを贅沢に使用。

さんまづくし定食 1620円 ※9月上旬~9月下旬提供

ふっくらした塩焼き、盛り付けも美しい刺身、さらに甘露煮やつみれ汁もさんま

食後は店舗隣の売り場で海産物をお土産に買おう

鮮魚や水産加工品が買える「お魚いちば」併設の食事処。市場直送のさんまを使った塩焼きや刺身が一度に楽しめる定食がお目見えする。 お魚いちば 港町レストラン鮮

TEL/0226-29-6233

住所/宮城県気仙沼市港町2-13 気仙沼 お魚いちば内

営業時間/10時~LO20時30分

定休日/なし

アクセス/三陸道登米東和ICより1時間

駐車場/100台

気仙沼いちば寿司

鮮魚店直営の回転寿司はネタの鮮度と目利きに自信あり。

鮮さんま握 194円 ※11月下旬まで提供

素材本来の味を楽しむなら生さんまの握りは欠かせない。旬のさんまは醤油

につけると脂がにじむ

あぶりさんま棒寿司 270円

脂がのったさんまを特製の甘酢でしめてある。素材を活かして酸味は控えめ

三陸産さんまの竜田揚げ 345円

口直しにもさんま料理を。中骨を丁寧に取った肉厚のさんまをカラッと揚げてある

自家製さんま燻製 194円

香り豊かな燻製に仕上げた三陸のさんまを握りに。ポン酢ジュレを添えていただく

気仙沼産を中心に、旬の三陸の魚介を豊富に揃える。質のいい生さんまがある時期だけ提供する握りをはじめ、燻製や竜田揚げも食べたい。 気仙沼いちば寿司

TEL/0226-25-7868

住所/宮城県気仙沼市魚市場前7-13 気仙沼海の市2階

営業時間/10時~21時(LO20時30分)

定休日/年内はなし

アクセス/三陸道登米東和ICより1時間

駐車場/100台

「気仙沼いちば寿司」の詳細はこちら

八戸前沖さば

北の海の冷たさに耐えて脂肪を蓄えた「銀サバ」三昧。

イサバのかっちゃの店 肴町のらぷらざ亭

コンテスト受賞メニューでサバの新たな魅力を体験!

サバの棒寿司 1680円

薄いバッテラとは別もの!肉厚な銀サバに感動

サバのしゃぶしゃぶ(2人前) 3250円 ※11月1日~2月28日提供

刺身でも食べられる鮮度なので、脂が緩む程度にサッと湯がけばOK

サバのカリカリ南部ボール 950円

料理コンテスト受賞。サバのつくねに南部せんべいの衣をつけた揚げ物

サバとニンニクのほくほく揚げ 950円

こちらも受賞メニューで、県産にんにくをサバの身で包んで海苔巻き揚げに

旬の時期限定のしゃぶしゃぶをはじめサバ料理が多数。「八戸前沖さばアイデア料理コンテスト」で最優秀賞を受賞した創作サバ料理も。 イサバのかっちゃの店 肴町のらぷらざ亭

TEL/0178-72-5587

住所/青森県八戸市六日町13

営業時間/17時~LO23時30分

定休日/なし

アクセス/八戸道八戸ICより8分

駐車場/なし

「イサバのかっちゃの店 肴町のらぷらざ亭」の詳細はこちら

サバの駅

店名から意気込みが伝わる銀サバ料理の専門店。

銀サバの棒寿司(4貫) 1200円

契約農家から届く米の甘みと銀サバの旨みが口いっぱいに広がる幸せなひと時

サバの生春巻き 520円

脂がのったサバを生野菜が爽やかに受け止めて何個でもいけそう

サバのづけ 1100円

刺身を醤油に漬けてある。この他、いろいろ味わえるサバコースも

銀サバの串焼き(1本) 470円

店一番のおすすめ品。パリッと皮目を焼いたサバはひと口大でも味が濃い!

「10月~11月の八戸のサバは脂ののりが日本一」と田中料理長

八戸前沖さばの中でも大型の「銀サバ」のみを使用。獲った漁船内で瞬間凍結され、最高の鮮度で味わえる刺身などメニューは豊富。 サバの駅

TEL/0178-24-3839

住所/青森県八戸市六日町12 大松ビル1階

営業時間/17時~LO23時30分

定休日/日(9月18日は営業、翌日振替休)

アクセス/八戸道八戸ICより8分

駐車場/なし

「サバの駅」の詳細はこちら

いくら

鮭、いくら、炊き込み飯がタッグを組んだ郷土の味。

鳥の海 浜寿し

脂がのったオスの身を使い旨みたっぷりな仕上がり。

はらこめし 1600円 ※9月中旬~12月初旬まで提供

鮭の風味が漂うごはんもおいしい。お吸い物仕立てのあら汁付き

創業46年を迎える人気店

県内の契約農家が育てたササニシキごはんの上にのった身は、旨みが濃いオス鮭のみを使用。しっとり煮付けてあり、ほろりとほぐれる。 鳥の海 浜寿し

TEL/0223-34-3101

住所/宮城県亘理郡亘理町逢隈田沢字早川18-2

営業時間/11時~LO14時30分、17時~LO20時30分

定休日/火(他に月1回、水)

アクセス/常磐道亘理ICより5分

駐車場/17台

和風れすと 海仙

鮭だしの旨みが凝縮した炊き込みごはんが隠れた主役。

はらこめし定食 1620円 ※9月上旬~12月下旬まで提供

具の下に隠れたごはんには、香ばしいおこげも交ざっている

予約も受けつけている

季節の海鮮ごはんが名物で、秋ははらこ飯を提供。鮭だしで炊いたごはんだけでもおいしく、鮭の身やいくらと一緒に頬張れば味わい倍増。 和風れすと 海仙

TEL/0223-34-3447

住所/宮城県亘理郡亘理町逢隈高屋倉東57-6

営業時間/11時~15時

定休日/火

アクセス/常磐道鳥の海スマートICより3分

駐車場/19台

「和風れすと 海仙」の詳細はこちら

和風レストラン田園 亘理店

銀白色に輝く沖獲り鮭など厳選素材がおひつに集合。

はらこめし定食 1620円 ※9月上旬~12月中旬まで提供

秘伝のだしで炊いたごはんの上には、肉厚な鮭とたっぷりのいくら

亘理店の他、山元IC前の山元店も

川に入る前、沿岸にいる銀毛(銀系)と呼ばれる鮭は銀色で太っているのが特長。そのオスの身と、大粒の生いくらがごはんを覆い隠す。 和風レストラン田園 亘理店

TEL/0223-34-8760

住所/宮城県亘理郡亘理町逢隈上郡字上147

営業時間/10時30分~20時30分

定休日/水(祝日の場合は翌日)、他に木不定

アクセス/仙台東部道路亘理ICより10分

駐車場/60台

「和風レストラン田園 亘理店」の詳細はこちら

旬のお食事・海産弁当 フラミンゴ

荒浜産の鮭のトロから脂がじゅわっとにじむ!

元祖 とろはらこ飯 1100円 (お食事セットは1300円)

濃いめに味付けしたいくらと薄味炊き込みごはんの相性もばっちり

特製つゆで煮る鮭は、トロの部分だけを使うため濃厚!特に地元・荒浜漁港に水揚げされた鮭を使う10月~12月中旬がおすすめ。 旬のお食事・海産弁当 フラミンゴ

TEL/0223-33-3250

住所/宮城県亘理郡亘理町荒浜字築港り6-30

営業時間/土日祝の9時~17時(売り切れ次第閉店)

定休日/月~金

アクセス/常磐道亘理ICより12分

駐車場/20台

※この記事は2016年9月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP