ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森山直太朗が毎年2回必ずやることとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEでは、9月19日(月・祝)敬老の日に、特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」(ナビゲーター:グローバー・藤田琢己)をオンエアしました。

六本木ヒルズのスタジオには、キャンプが大好きだという森山直太朗さんも登場。森山さんがアウトドアに興味を持ったのは、お祖父さんがキャンピングカーに乗っている姿を見て憧れたことがきっかけだそうです。その後、アウトドアの世界に一度踏み込んだところ、ハマってしまい、現在は、年に2回はキャンプに行くそう! しかも、森山さんの場合はその”規模”が違います。

「『森山ジャンボリー』といって、親しい人や、仕事で付き合いのある人、中には『誰ですか?』っていう知り合いの知り合いのような人(笑)とも一緒に、30人から40人規模でキャンプをするんです」(森山)

人数が多いと、「誰が何をする」といった役割分担が重要になってくるという森山さん。そんな森山さんの担当は「料理」だそうです。

「僕は料理をするんですけど、ベタで分かりやすいカレーや焼きそばをベーシックに、オシャレなものも作りたいと思っています。あと、肉の塊を焼くとみんな興奮するんで、塊を焼きます。肉はトロリととろけるような肉も良いけど、結局はタレが大事なんです。うまいのはタレであって、みんな、タレのうまさでリアクションするんです!」と、経験者ならではの話も飛び出しました。

そこまでキャンプにハマった森山さんに、キャンプの魅力について聞いてみました。

「限られた道具をいかに使うかとかアイデアが生まれたりして、不自由な中からみんなの発想が生まれる感じが好きです。自然の中にポンと置かれると、普段は感じない、物の大切さやありがたみを感じますよね」

さらに、スタジオでは森山さんの曲「花」を弾き語りで披露。森山さん自身、キャンプに小さなギターを持参して弾くことがあるそうです。

そんな森山さんは10月2日(日)でデビュー15周年を迎えます! 9月21日(水)には「森山直太朗 15周年記念オールタイムベストアルバム『大傑作撰』」をリリース。初回限定盤には、たくさんの人に知られている曲を集めた「花盤」と、本人曰く「誰も知らない曲」を選曲した「土盤」。さらに、特典DVDには80分以上にも渡るロングインタビュー付きだそうです! こちらも要チェックですね!

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20160919/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP