ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平原綾香、世間の大きな誤解に「違います!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE9月19日(月・祝)朝9時からの特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」(ナビゲーター:グローバー・藤田琢己)では、六本木ヒルズのスタジオに、平原綾香さんが登場しました!

平原さんは、父親であるサックス奏者の平原まことさんがアウトドア・キャンプ好きということで、その影響でキャンプに馴染みがあるそう。

平原さんのキャンプデビューは3歳の時だったそうですが、富良野のキャンプ場を10日間かけて回るというものだったそうで、それを聞いた藤田も「だいぶ上級者っぽい感じがしますけども(笑)」とコメント。しかもそれが家族の初キャンプだったそうです! 「いろいろ大変だったと思うんですけど、楽しい思い出しか残ってないです」と言う平原さん。子供の頃のたくましさが垣間見えました(笑)。

そんな平原さん、大人になってからはキャンプには行けていないそうですが、「家族でどこかに行ったという思い出はキャンプ!」と言うほど、子どもの頃はいろいろな場所にキャンプに行き、キャンプから多くのことを学んだそうです。

例えば、川の近くにテントを張ったこともあったそうですが、「川で遊ぶには命をかけないといけない。川は危険なんだよ」とお父さんから言われていたそう。

「小さい時にそういうことを学んでおくと、子ども同士で遊びに行く時とかも川に勝手に行かなくなるというか。そういう危なさを潜在的に知っておけば、(普段の生活で)事故も防げる」と、また違った目線のキャンプの良さを伝えてくれました。

そして平原さん、「キャンプの食事をしていると、食事中に蛾とか虫が来ても気にならなくなる」という話の流れから、この機会に訂正しておきたいことがあるとのことで…

「以前、J-WAVEのどこかの番組でキャンプの話をしたんです。『小さい時からそうやって食べてると、蛾も食べちゃうくらい平気になるんです』って多分言ったんです。そうしたら、検索サイトで『平原綾香 キャンプ』って打ったら(検索予測で)『蛾も食べる』って出るようになっちゃったんです!」とのこと(笑)。

「だから『蛾は食べません!』ということを今日は言いたかったです(笑)」

皆さん、勘違いせずに覚えておいてください(笑)。

最後にキャンプについて、「キャンプで手伝いをしっかりすることを学ぶと、おうちに帰ってもそれが当たり前になってきます。そういうチームワークで平原家も大人になっても仲が良いですし、キャンプのおかげ、っていうのもあると思います」と、心温まるオススメエピソードも明かしてくれました。

涼しくなって過ごしやすくなったこのシーズンだからこそ、キャンプに出かけてみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20160919/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP